WONDA

TOPに戻る

ワンダ モーニングショットは、なぜ朝専用なのか?

朝専用の理由1

朝にふさわしい香りや酸味をもつアラビカ種新豆100%だから。

コーヒー豆は大きく分けるとアラビカ種とロブスタ種の2種。そのうち、栽培が難しいのはアラビカ種といわれています。それは、赤道付近の標高1000〜2000mという熱帯高地での栽培に加え、霜、乾燥、病害虫に弱い非常に手間がかかる品種だから。ただ、しっかりと手をかけてあげると、花のような香りや良質の酸味を持つコーヒー豆に。ワンダ モーニングショットは、その新豆を100%使っているので朝にふさわしい香りや風味、酸味を楽しむことができるのです。 コーヒー豆は大きく分けるとアラビカ種とロブスタ種の2種。
そのうち、栽培が難しいのはアラビカ種といわれています。それは、赤道付近の標高1000〜2000mという熱帯高地での栽培に加え、霜、乾燥、病害虫に弱い非常に手間がかかる品種だから。ただ、しっかりと手をかけてあげると、花のような香りや良質の酸味を持つコーヒー豆に。
ワンダ モーニングショットは、その新豆を100%使っているので朝にふさわしい香りや風味、酸味を楽しむことができるのです。

朝専用の理由2

朝でもスッと飲めて、目覚めるようなキリッとした苦味を引き出す独自のドリップ法だから。

ワンダ モーニングショットのドリップは、レギュラーコーヒーの蒸らしに着目して開発した高低温二段抽出。まず高温のシャワーで蒸して、粉の内側まで十分にお湯が届くようにすることで、キリッとした苦味を抽出可能に。その後、低温でじっくりドリップをして、雑味を抑えた豆本来のおいしさを引き出します。 ワンダ モーニングショットのドリップは、レギュラーコーヒーの蒸らしに着目して開発した高低温二段抽出。
まず高温のシャワーで蒸して、粉の内側まで十分にお湯が届くようにすることで、キリッとした苦味を抽出可能に。
その後、低温でじっくりドリップをして、雑味を抑えた豆本来のおいしさを引き出します。

朝専用の理由3

朝にうれしい焼きたての香りをつくる熱風式焙煎だから。

焙煎とは、コーヒー豆を加熱して苦味・酸味・甘み・香りなど独自の風味を引き出すこと。その種類は、熱風式・半熱風式・直火式と大きく3つに分かれます。ワンダ モーニングショットは、焙煎の自由度が高く、ロースターの価値観を表現できる熱風式を採用。熱風の温度と供給風量を細やかに調節することで、豆の硬さにかかわらず表面を均一に焼き上げ、一粒一粒カリッと香ばしい豆に仕上げています。 焙煎とは、コーヒー豆を加熱して苦味・酸味・甘み・香りなど独自の風味を引き出すこと。その種類は、熱風式・半熱風式・直火式と大きく3つに分かれます。
ワンダ モーニングショットは、焙煎の自由度が高く、ロースターの価値観を表現できる熱風式を採用。熱風の温度と供給風量を細やかに調節することで、豆の硬さにかかわらず表面を均一に焼き上げ、一粒一粒カリッと香ばしい豆に仕上げています。

(図)熱風式・半熱風式・直火式

朝専用の理由4

挽きたて、淹れたてのおいしさをつくる12時間以内抽出*と抗酸化製法だから。

ワンダ モーニングショットは、豆を挽いた12時間以内に抽出し、抗酸化製法により、淹れたてのおいしさを実現。そうすることで、嫌な酸味がなく余韻まで楽しめるコーヒーを作り上げています。だから、さわやかな朝のスタートにぴったりのコーヒーなのです。*ワンダ モーニングショット LL紙パック スリム200mlに限り24時間以内抽出 ワンダ モーニングショットは、豆を挽いた12時間以内に抽出し、抗酸化製法により、淹れたてのおいしさを実現。そうすることで、嫌な酸味がなく余韻まで楽しめるコーヒーを作り上げています。
だから、さわやかな朝のスタートにぴったりのコーヒーなのです。*ワンダ モーニングショット LL紙パック スリム200mlに限り24時間以内抽出

ワンダ史上最高の朝専用の理由ワンダ史上最高の朝専用の理由

モーニングクオリティ製法

濃縮したコーヒー成とミルク分の超微粒子化によりコーヒー感の強化と後味のスッキリ感を向上。 濃縮したコーヒー成分とミルク分の超微粒子化によりコーヒー感の強化と後味のスッキリ感を向上。

(図)従来製法とモーニングクオリティ製法

スッと飲めて、キリッと苦味。焼きたて・挽きたて・淹れたての目覚めるおいしさだから、毎朝のスタートにふさわしいワンダ史上最高の朝専用缶コーヒーへ。