WONDA

TOPに戻る

ワンダ 極の老舗の情熱、深煎りの極みとは?

80年以上、日本人の繊細な味覚に応え続けてきた「丸福珈琲店」監修。ワンダ 極は、愛され続ける老舗のこだわりを参考に仕立てた、コク深いながらも飲みやすいコーヒーです。 80年以上、日本人の繊細な味覚に応え続けてきた「丸福珈琲店」監修。ワンダ 極は、愛され続ける老舗のこだわりを参考に仕立てた、コク深いながらも飲みやすいコーヒーです。

丸福珈琲店とは 1934年(昭和9年)に創業者・伊吹貞雄氏が大阪で開業した珈琲専門店。「深煎りの極み」と呼ばれる焙煎方法と、独自で開発した抽出器具を使用してつくられる“濃厚でコク深い味わいながら、後味のさっぱりした珈琲”で知られています。 丸福珈琲店とは
1934年(昭和9年)に創業者・伊吹貞雄氏が大阪で開業した珈琲専門店。「深煎りの極み」と呼ばれる焙煎方法と、独自で開発した抽出器具を使用してつくられる“濃厚でコク深い味わいながら、後味のさっぱりした珈琲”で知られています。

情熱1 焙煎への情熱

丸福珈琲店が長年の研究でたどりついた焙煎法・深煎りの極みを採用。

ワンダ 極に使用しているコーヒー豆は、その日の気温・湿度を意識して、焙煎で出てくる香り・色・照りをチェックし、日々の条件に合わせて、微調整しています。特に、深煎り豆は、煎りを止めるタイミングが難しく、少しでも遅れると苦みと雑味の原因に。色や香りを細かくチェックしながら、丁寧に焙煎しています。 ワンダ 極に使用しているコーヒー豆は、その日の気温・湿度を意識して、焙煎で出てくる香り・色・照りをチェックし、日々の条件に合わせて、微調整しています。特に、深煎り豆は、煎りを止めるタイミングが難しく、少しでも遅れると苦みと雑味の原因に。色や香りを細かくチェックしながら、丁寧に焙煎しています。

情熱2 ブレンドへの情熱

深煎りの豆と中煎りの豆を合わせ、コクと飲みやすさを両立。

ワンダ 極は深煎り豆に、中煎り豆をブレンド。苦味だけではなく、コーヒーの深味を感じるコク深いのに飲みやすい味わいに仕立てています。 ワンダ 極は深煎り豆に、中煎り豆をブレンド。苦味だけではなく、コーヒーの深味を感じるコク深いのに飲みやすい味わいに仕立てています。

情熱3 ドリップへの情熱

深煎り豆のおいしさを引き出す浸漬ドリップを採用。

丸福珈琲店では、独自の抽出器具を使用し、コーヒー豆を浸漬状態にすることで濃厚な味わいを引き出しています。ワンダ 極ではこの抽出方法を参考に、“浸漬ドリップ”という製法を採用し、豆の粒度、抽出温度、お湯の量を細かく調整しながら、深煎り豆のおいしさを引き出しています。 丸福珈琲店では、独自の抽出器具を使用し、コーヒー豆を浸漬状態にすることで濃厚な味わいを引き出しています。ワンダ 極ではこの抽出方法を参考に、“浸漬ドリップ”という製法を採用し、豆の粒度、抽出温度、お湯の量を細かく調整しながら、深煎り豆のおいしさを引き出しています。

すべては「日本人の繊細な味覚に応える」ために。老舗が追い求める「一杯にかける情熱」と「探求心」を、この1本に詰め込みました。

ワンダ 極は、「日本人に愛される珈琲」を実現するために、丸福珈琲店が長年に亘る研究によってたどり着いた“深煎りの極み”という焙煎技術を参考に、コーヒーの深味を徹底的に追求しました。複雑でコク深い味わいと飲みやすさを両立した、繊細な味覚を持つ日本人のための缶コーヒーです。ワンダ 極は、「日本人に愛される珈琲」を実現するために、丸福珈琲店が長年に亘る研究によってたどり着いた“深煎りの極み”という焙煎技術を参考に、コーヒーの深味を徹底的に追求しました。複雑でコク深い味わいと飲みやすさを両立した、繊細な味覚を持つ日本人のための缶コーヒーです。