炭酸の歴史

  • 炭酸研究
  • 二酸化炭素
  • 炭酸水
  • 炭酸飲料
  • 三ツ矢サイダー
  • ウィルキンソン
  • その他

※各項目で分類しています。

138億年前

二酸化炭素インフレーション~ビッグバン

「無のゆらぎ」から生まれた小さな宇宙が何らかの理由で消えずに、インフレーションと呼ばれる急速な膨張を引き起こしました。その結果、真空のエネルギーが熱エネルギーに変換され、高温かつ高密度な火の玉宇宙が生まれました(ビッグバン)。この宇宙誕生後、最初の3分間ですべての物質の元となるものが生み出されました。

二酸化炭素 インフレーション~ビッグバン

46億年前

二酸化炭素超新星爆発により太陽系が誕生

超新星爆発により原始太陽が形成され、その周りにはガスやダストが集まった直径10kmほどの微惑星が無数に生まれます。これらの微惑星同士が衝突・合体を繰り返し、原始惑星、原始地球が誕生しました。

40億年前-6億年前

二酸化炭素二酸化炭素の星「地球」の誕生

この微惑星同士の衝突の過程で惑星内部から揮発性成分である水や二酸化炭素が、ガス(衝突脱ガス)として噴出。噴出した水(蒸気)による温室効果で地表面温度が上がり、地球はマグマオーシャンと呼ばれるマグマに覆われた状態になりました。マグマは水蒸気を吸収するため温室効果が弱まります。温度が下がると今度は大気中の水蒸気が雨となって地表に降り注ぎ、原始海洋が誕生しました。地球は、雨により大気中の水蒸気が減ったことで、大気の9割が二酸化炭素で占められる炭酸ガスの星になったのです。
その後、大気中の二酸化炭素は海に吸収されながら、大陸の誕生により陸地にも固定されました。さらに二酸化炭素は、光合成生物の誕生、大酸化イベント(約25億年前)と新原生代酸化イベント(約6億年前)による酸素濃度の急上昇を通じて減少していきます(=酸素レベル増化)。酸素が地球の大気の主成分となったのは、わずか数億年前の出来事に過ぎません。

現在、地球の二酸化炭素は、大気、海、陸地、海底を50万年サイクルで循環し、私たちはその壮大な循環サイクルの中で、地中から湧出する鉱泉を通じて炭酸水と出会い、活用や研究を続け、今日の多様な炭酸文化をつくり上げてきました。

紀元前1200年頃

炭酸水炭酸泉療養が行われる

トロイア戦争におけるギリシア軍の総大将アガメムノンが、傷ついた兵士を鉱泉で治療したと伝えられています(アガメムノンの温泉)。

アガメムノン: ギリシア神話の英雄。「トロイの木馬」で知られるトロイア戦争におけるギリシア軍の総大将。この戦争は、トロイア(トロイ)の王子パリスが、スパルタ王メネラオスの美貌の妻ヘレネを誘惑し連れ去ったことが発端とされています。アガメムノンは、メネラオスの兄。

紀元前古代
ローマ
時代

炭酸水炭酸水の飲用利用が始まる

炭酸水の飲用利用は、古代ローマ時代にローマ人が炭酸ガスを含む鉱泉水を飲んだことが始まりとされています。西部ヨーロッパを征服した際に発見した温泉(炭酸泉)が低温だったため、入浴ではなく飲料として使ったのが始まりだといわれています。その後、炭酸水が健康増進に役立つことから、病人にも飲まれるようになっていきました。

紀元前1世紀頃

炭酸飲料クレオパトラ、
真珠で炭酸飲料をつくる

クレオパトラ7世は美容と不老長寿の秘薬として、真珠をぶどう酒に入れて溶かしたものを飲んでいたといわれています。ローマの博物学者、大プリニウスは「博物誌」の中で、クレオパトラがアントニウスと宴会の豪華さを競う賭けをした際、歴史上最も大きいとされる2つの真珠の内の1つを酢に溶かして飲み干し、残りの1つも同じようにしようとしたところで審判が止め、クレオパトラの勝ちが宣告されたというエピソードを紹介しています。実際に真珠をぶどう酒や酢に入れると、真珠の主成分である炭酸カルシウムが酸に溶け、炭酸ガスが発生します。「博物誌」に記されたエピソードが事実なら、クレオパトラが飲んでいたのは、現在のスパークリングワインに似た飲み物であると考えられます。

クレオパトラ7世(紀元前69-30): 「絶世の美女」として知られる、エジプトを治めたプトレマイオス朝最後の君主。18歳で王位を継承。エジプトにやってきたローマの最高権力者カエサルやアントニウスと恋に落ちますが、その最期はローマの捕虜となることを拒み、毒蛇に胸を咬ませて自害したといわれています。

694

炭酸水炭酸水を飲み病が治癒(「日本書紀」)

「日本書紀」30巻に、持統天皇の時代、近江国益須郡(滋賀県守山)の都賀山で湧出した「醴泉(れいせん)」を飲んだ多くの人の病が治ったという記載があります。また、この泉の発見者には褒美が与えられ、その地の役人は昇進し、農民の税金は免除されたという記録も残されています。これは、日本最古の飲泉の記録といわれています。江戸時代後期の蘭学者宇田川榕庵によると、日本各地に伝わる「醴泉」は「炭酸泉」と考えられるとのことです。

宇田川榕庵(うだがわようあん): 日本初の体系的化学書「舎密開宗(せいみかいそう)」を著し、「酸泉は炭酸ガスを含み、酸味があって舌にしみとおり、酔い心地を催されることもある(古書にある醴泉はこの類のものであろう)」と解説。

717

炭酸水元正天皇、炭酸泉で
手と顔を洗い改元(「続日本紀」)

「続日本紀(しょくにほんぎ)」7巻に、元正天皇が美濃多度山の泉(岐阜県養老郡にある炭酸ガスを含む菊水泉)で手と顔を洗ったところ、肌が滑らかになり、痛いところは痛みがとれた。昔、醴泉を飲んだ者みな病気が治ったと聞いたことがあり、この泉は端兆(めでたいこと)であるとし、霊亀3年を養老元年へ改元したことが記録されています。

平安時代900年代

三ツ矢サイダー三ツ矢平野水(ひらのすい)伝説

平安時代の中頃、源満仲(ミナモトノミツナカ)という武将がお城を作ろうと神社に祈りをささげたところ、「矢の落ちた所に作りなさい」とお告げがあり矢を放つと、多田沼の“九頭の龍(クズノリュウ)”に命中したそうです。そこで、満仲はここに城をかまえ、そのときに矢を探しあてた男に、三ツ矢の姓と三本の矢羽の紋が与えられました。また、あるとき満仲は鷹狩りに出て、偶然、近くの谷に湧く水で鷹が足の傷をなおして飛び立つのを目の当たりにしました。これが多田村平野の天然鉱泉でした。この平野が三ツ矢という姓の発祥の地で、明治時代にこの故事にならい湧き出ていた天然鉱泉を「三ツ矢平野水(ヒラノスイ)」と名付けて発売しました。

源満仲(912-997) : 平安中期の武将。源頼朝や義経の祖先にあたる人物。弓の名手として知られています。藤原氏と政治的なつながりを持つことで、中央での地位を確立。摂津多田(兵庫県川西市)に住み、多田源氏と称しました。

※炭酸の歴史情報は、参考文献をもとに当社が独自で整理したものです。

TOP