ひなまつりACTION

これまでも、これからも。
子どもたちの成長をすべての人とお祝いしたい。
笑顔あふれるひなまつりには、「カルピス」で乾杯。

「カルピス」ひなまつりプレゼント

幼稚園・保育園に「カルピス」をプレゼントして56年。白酒の代わりに「カルピス」でカンパイ!

幼稚園のひな祭り風景(昭和39年) 昭和38年当時にプレゼントしていた「カルピス」小瓶

1963(昭和38)年に始まった“「カルピス」ひなまつりプレゼント”は、
白酒の色に似た白い「カルピス」で乾杯したら、きっと子どもたちは喜んでくれるだろう、というアイディアからスタートした活動です。

現在は、全国の幼稚園・保育園を対象に、応募のあった全園へ、園児一人
1杯分の「カルピス」と、園児一人1冊ずつの「ミニ絵本」をプレゼントしています。

みんなで一緒に「カルピス」をつくり、飲むことで生まれる楽しい思い出。
そして、その思い出を振り返ったときにこぼれる笑顔。
そんな笑顔のために、これまでも、これからも。私たちのACTIONは続きます。

「カルピス絵本」についてはコチラ

2019年「カルピス絵本」

2019年の「カルピス絵本」は『ちょっとだけ ちょっとだけ』(作:きむらゆういち、絵:まえはらあきこ/絵本ナビ刊)

力を合わせて家族の絆が深まるお話
夕食のシチューのいい匂いに誘われてうさぎの仲良し4兄妹は「ちょっとだけ」「ちょっとだけ」と一口ずつスプーンでつまみ食い。その度に「ポタッ」「ポタポタ」とこぼして、テーブルクロスはしみでいっぱいに! あらら、さあ、たいへん!
いつもママに教わっているお手伝いをヒントに力を合わせて奮闘する子うさぎたちの姿は家族の絆を感じられます。言葉の繰り返しも楽しい、読み聞かせに最適な絵本。

“「カルピス」ひなまつりプレゼント”は
のべ1億2,600万人を超える子どもたちへ!

1963年より、50年以上にわたり子どもたちへプレゼントを続けてきた結果、2018年3月には累計園児数がのべ1億2,600万人を突破しました。

みなさんからいただいたお便り

“「カルピス」ひなまつりプレゼント”に寄せられるお手紙には、子どもたちが楽しい時間を過ごした様子がたくさん描かれています。皆さんからのかわいらしいお手紙から一部、ご紹介します。