社員の活力で、お客様の健康価値をあげる

トップメッセージ - 代表取締役社長 岸上 克彦

会社

アサヒ飲料は、新グループ理念「Asahi Group Philosophy」のOur Missionであります「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」を実現するため、社会の新たな価値を創造し、我々の「つなげる力」で発展させ、いちばん信頼される企業となることを目指し、“健康“、“環境“、“コミュニティパートナーシップ“、“食育“、“サプライチェーンマネジメント“という5つの重点領域を定めています。

その中で、“健康“領域では、「アサヒ健康チャレンジ!」というプロジェクトを推進し、「自分も、会社も、世の中も健康に」をスローガンとし、私たちの強みを活かした商品やサービスなどを提供していきます。

社内に向けた取組みでは、スポーツ庁の推進する「FUN+WALK PROJECT」にも参画しています。
スニーカーでの通勤及び執務を推奨し、全社活動として「ウオーキングキャンペーン」を実施しています。
これは、社員一人ひとりが“自分ごと“として歩くことや生活習慣について意識を向けることを目的にするものです。

また、社外に向けても、各自治体と協力した取組みを続けています。例えば、神奈川県では、県が推進している「未病コンセプトの普及・啓発活動」に賛同し、活動を応援しています。
具体的な協業の形としましては、「MEーBYO STYLE」ロゴが入った「十六茶」とその自販機を神奈川県内で展開させていただいております。

ほかにも、当社の北陸工場所在地である富山県の入善町では、幼稚園、小学校、中学校の生徒さん、児童さん、そして職員の方々も合わせて約2,500名の方々に「守る働く乳酸菌」という商品を1ヶ月間提供し、飲料を通した町の健康意識向上に、ともに取組みました。

このようにして、モノとサービスを統合して、一人ひとりが健康になる、それぞれが個々人という形ではなく、『相手を、お互いに、おもいやる』という日本流健康マネジメントによって、コミュニティ全体が健康になっていく、こういった施策を今後も積極的に進めていきたいと考えています。

持続的成長を遂げていく会社というのはやはり、社員の活力が非常に大事な要素です。健康なくして活力はありません。そういった社員の力をもってして、アサヒ飲料は今後もお客様の健康価値をあげるために尽力してまいります。

その他の健康チャレンジ 健康チャレンジ トップページ アサヒ健康チャレンジ!とは?