血糖値が気になる方に 「健茶王」トップ > 血糖値を知る:血糖値の状況

血糖値を知る

何歳くらいから気をつければいいんだろう?

40代から早めに予防していくことが大切です。

糖尿病が強く疑われる人・糖尿病の可能性を否定できない人は40代から徐々に増加し、それ以降は年齢とともに増加しています。

高血糖は日常の生活習慣の中で、食べ過ぎ・高脂肪摂取等の食生活の乱れ、運動不足・基礎代謝の大きい筋肉量の低下、肥満等が原因となります。特に40代からは基礎代謝量が低下し、消費エネルギーが減少しはじめます。その結果、摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回りやすくなります。そうすると、高血糖や肥満につながりやすくなるのです。

様々な要因がありますから『何歳から』というよりは『何歳であっても』注意しておく必要はあります。

世代・性別による糖尿病が強く疑われる人・糖尿病の可能性を否定できない人

世代・性別による糖尿病が疑われる人・可能性が否定できない人の男女別グラフ

出展:厚生労働省「平成22年国民健康栄養調査」

ページトップへ戻る

高血糖や境界域の人たちは増えているの?

糖尿病とその予備軍が急増し、血糖値対策の必要な人が増えてきています。

厚生労働省による「平成22年国民健康・栄養調査」より推計すると、30歳以上で「糖尿病が強く疑われる人」は約1200万人で平成12年時よりも約340万人増えており、「糖尿病と言われたことがある人」の割合も約1100万人で約210万人増加しています。

糖尿病が疑われる人

糖尿病が疑われる人のグラフ

  • 糖尿病が強く疑われる人:約1,200万人
  • 糖尿病と言われたことがある人:約1,100万人

合計 約2,300万人

出展:厚生労働省「平成22年国民健康栄養調査」、総務省「国税調査」30歳以上の人口より推計

ページトップへ戻る

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。