環境Eco

アサヒ飲料グループ 
環境方針

基本理念

私たちが健康で豊かな生活を営むためには、地域や地球の美しい自然に恵まれた環境が必要であります。
この地域、地球をできるだけ健全な状態で、次代に引き継ぐことが現在の私たちに与えられた責務であると自覚いたします。
我が社は、その事業活動を通して、環境の負荷低減に積極的に取り組み、環境保全型社会を築くために考え行動いたします。

行動指針

  • 社会のルールを遵守することはもとより、環境負荷を低減する社内体制の整備と社員の意識の高揚に努めます。
  • 研究開発、原材料調達、生産、流通、販売・サービスにおいて環境に及ぼす影響を評価し、環境保全に配慮した商品開発、技術開発に努めます。
  • 省エネルギーを推進し、CO₂・フロンなどの温室効果ガスの排出削減に努めます。
  • 省資源を推進し、 廃棄物の削減に努め、資源のリサイクルに取り組みます。
  • 企業市民として、地域社会との共生に努め、社会の環境活動にも積極的に参加いたします。
  • 私たちにとって貴重な「水」を大切にし、健全な水循環への配慮に努めます。
  • 環境への取り組みを適切に情報開示し、社会とのコミュニケーションに努めます。

アサヒグループ
環境基本方針

アサヒグループが「自然の恵み」による多くの商品の原材料を使用する企業グループとして環境に対する方針を定めるものです。
グループ全従業員が本方針を遵守することで、環境の課題に対して積極的に取り組むことを目的としています。

アサヒグループ
環境ビジョン2050

アサヒグループは、持続可能な社会への貢献を目指し、『アサヒグループ環境ビジョン 2050』を策定しました。
2050年までに、“ニュートラル&プラス”の発想で自然の恵みを次世代につなぐことを目的に、事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指すとともに、アサヒグループの独自技術や知見を活かした新たな環境価値創出(プラス)に挑みます。