紅茶を楽しむアクセサリー

紅茶の楽しみ方は人によって千差満別せんさばんべつ、それぞれの個性に合わせて一服いっぷくできるのがその魅力みりょくでもあります。
「紅茶で一休み」する際に、ティ-アクセサリ-と呼ばれる小物で演出して贅沢ぜいたくな気分を味わうのも良いでしょう。ティ-アクセサリ-といっても特別なものではありません。「ティ-ポット」や「カップ&ソ-サ-」、「ティ-スプ-ン」といった定番の物から「砂時計」まで、様々なものがあります。やはり基本は、「カップ&ソ-サ-」を中心とした茶器ちゃきでしょう。カップ&ソ-サ-は17世紀に中国からヨ-ロッパに伝わった茶器が起源といわれています。カップはもともと把手とってがない湯呑状ゆのみじょうであった輸入品がイギリスで発達し、マグカップ状の使いやすい形になりました。ソ-サ-の方はというと、カップの中身を移してそこから飲むという役割を果たしていたものがそのまま現在に残っているというから驚きです。 紅茶の茶器は、ブランドも数多く、様々なタイプのものがあるので、テイストだけでなくシ-ンに合わせて使い分けると一層豊かなリラックスタイムが得られるでしょう。