朝にお茶を飲むことは・・・

朝起きたら、あなたは何をしますか?歯をみがく、シャワ-を浴びる、とりあえず朝のワイドショ-をチェックする…etc.1日を始めるに当たって、その人なりのル-ルをもっているのではないでしょうか?昔の人たちは、「朝にお茶を飲む」ことで縁起えんぎかついでいました。 それは、「朝茶はその日の難逃なんのがれ」、「朝茶は福が増す」「朝茶に別れるな」「朝茶は三里さんり帰っても飲め」といった「朝茶」に関する言い伝えが全て、縁起の良いものであることからも解るでしょう。
実際、お茶には様々な成分が含まれており、身体に良いといわれています。

例えば、お茶に含まれるカフェインが起きたばかりのアタマをすっきりとさせ、1日のスタ-トを気持ちよくきれる様な働きをすること、ビタミンCが含まれることで風邪(かぜ)などの対策たいさくに良いこと…etc.があげられます。その他にも様々な成分が含まれており、経験的に“身体によいこと”を知っていた先人達が「朝茶」の習慣しゅうかんを言い伝えとして残したと考えられます。
明日の朝から、お茶を飲む工夫をしてみませんか?その日のラッキ-カラ-やラッキ-ナンバ-と同様に、その日のツキを呼び込むかもしれませんよ。