中国のお茶は6色

歴史と広大な土地の恵みを受けた中国は、独自の文化の発達と同様、お茶に関しても豊かな土壌どじょうを持っているといえます。日本では、一般的にウ-ロン茶・ジャスミン茶・プ-アル茶が中国茶として有名ですが、その他にも様々なお茶が存在します。あまりにもたくさんの中国茶が存在するので、色」でお茶を分類している程です。それは6種類あり、「青茶あおちゃ」「緑茶りょくちゃ」「黒茶くろちゃ」「紅茶こうちゃ」「黄茶きいちゃ」「白茶しらちゃ」というものです。ちなみに色の違いは製造法にあり、発酵の有無やその過程での方法によって生まれるようです。
日本では、「青茶」に属するウ-ロン茶が馴染なじみ深いのですが、中国で最も生産量が高く、多くの人に飲まれているのは「緑茶」に分類されるお茶です。中国の緑茶は日本の緑茶と同様、不発酵茶ではありますが、すのではなくかまることで発酵を止めており、後味がさわやかなことから、日本人のテイストにもぴったりのお茶として今後広まっていくことでしょう。