おちゃっぴい。

“おちゃっぴいな女の子”というと、「元気でかわいらしい少女」のイメ-ジを想像そうぞうしませんか?事実、「おちゃっぴい」という意味は、「女の子の、おしゃべりで活発かっぱつな様子」を指します。ちなみに、この言葉は、「お茶をく」ということわざから転じたものだそうです。このことわざの意味は、「開店休業状態かいてんきゅうぎょうじょうたい」「商売がひま」というものですが、語源は江戸時代までさかのぼります。

遊郭ゆうかくが発展した江戸時代、お客がない遊女ゆうじょのことを「お茶き」と呼んでいました。それは、他に仕事もないので、お客に出す茶を茶臼ちゃうすいて粉にする作業をしていたことより、「あだ名」の様に使われる様になったようです。遊女ゆうじょたちは、ぺちゃくちゃとおしゃべりをして気を紛らわせながら、その単調な作業をやりすごしていたのでしょう、そのカシマしい状態を「お茶き」の形容詞として「おちゃっぴい」と呼ぶようになったといわれています。
女性の話好きなことを「井戸端会議いどばたかいぎ」などと揶揄やゆしますが、大昔からそれは変わってないようですね。