お茶の子さいさい

「こんなこと、オチャノコよ!」と威勢いせいよく啖呵たんかをきる人がいます。「オチャノコ」というのは、「お茶ちゃさいさい」の短縮形たんしゅくけいで、つまり、「こんなことカンタンよ、すぐできちゃう。」という意味いみなのです。しかしながら、「お茶の子」「さいさい」とは、いったいどんな意味を持つのでしょうか?

「お茶の子」とは、お茶受けに出されるお菓子かしのことだとか、彼岸ひがん仏前ぶつぜんそなえるお萩餅はぎもちのことなどといわれています。どちらにしても、「カンタンに食べることができ、おなかにたまらないもの」というもので、そこから転じて、「ものごとをカンタンにこなすことができること」の意味を持ったようです。

それに民謡みんようなどの囃子はやしである「さいさい」がついて、より軽快けいかいに「物事ものごとをこなす」イメ-ジとなった模様もようです。

「お茶の子さいさい」という威勢の良い言葉を発したのはいいけれども、どうにも上手うまくいかない」というあなた、原点げんてんもどって、お茶とお菓子でカンタンな腹ごしらえをしてみてはいかがですか?