水くさい

親しい間柄あいだがらであるのによそよそしくすることを「水くさい」といいますね。言葉だけを見ると「水」+「くさい」であたかも、水がにおう様な感じを受けますが、何もこれは、水がくさっている状態から発達した言葉ではないのです。
「水くさい」は、江戸時代の大阪言葉で、「水っぽい」「味が非常にうすい」という意味で使われていました。今でも、関西のとある地方では、「この料理、水っぽいなあ」という時に、「この料理、水くさいなあ」といった具合に使われるそうです。

料理好きならピンとくるでしょう。料理の味の具合は塩加減しおかげんで決まります。味が非常に薄いということは、「塩加減しおかげん」を適当てきとうに済ませてしまった結果なのです。このようなことから、「味が非常にうすい」→「作る人の注意や愛情あいじょううすい」という意味に解釈かいしゃくされる様になったのです。
現代は、更に塩分とカロリ-も気をつけて料理しなければならない時代です。大切な人を料理でもてなす時は、くれぐれも「水くさく」しないことが大切ですね!