コ-ヒ-占い

コ-ヒ-を飲み終わった後に占いが行われているのは、皆さんもよくご存知ぞんじのことでしょう。では、何故なぜコ-ヒ-で占いを行うようになったのでしょうか?

今から450年程前、オスマントルコの統治者とうちしゃにより、トルコにコ-ヒ-が伝達されました。当時のトルコでは、コ-ヒ-は貴重品きちょうひんで神聖視されていたこともあり、飲んだ後の残りの形で未来を占う習慣しゅうかんが芽生えたようです。当時は「コ-ヒ-を飲んだ残りの形」を聖典せいてんになぞらえて未来の予言を行っていたと言われています。
現在、行われているコ-ヒ-占いは、2通りあります。1つはカップの底に残ったコ-ヒ-の形で占うもの、もう1つは、残りのコ-ヒ-をソ-サ-にあけて、コ-ヒ-が描いた模様もようや形から占うものです。
このコ-ヒ-占いからロ-ルシャッハテスト(有名な心理テスト)が発展はってんしたともいわれる通り、人間の心とコ-ヒ-はどこかでつながっているのかもしれません。