「三ツ矢サイダー」

ができるまで

当社の工場へようこそ!
ここでは、「三ツ矢サイダー」が
できるまでの流れをご紹介しています。
工場見学ツアーをお楽しみください!

「三ツ矢サイダー」の工場をのぞいてみよう♪

STEP1

飲みものづくりで、
とても大切なのが水。
活性炭精密など、
いくつものろを重ねて、
ていねいに水をみがきます。

こうやって安全でおいしい水になるんだね!

STEP2

調合

みがかれた水に
おいしさの決め手となる、
香料酸味料をまぜあわせます。
いつも同じおいしさを守るために、
決められた量をまぜあわせています。

これがおいしさの決め手なんだね!

STEP3

炭酸ガスをとかす

調合」で味のついた飲みものに
炭酸ガスをとかします。
炭酸ガスは飲みものが
冷たい方がよくとけます。

ここにヒミツがかくされてるんだね!

STEP4

ボトル洗浄

まず容器をきれいにします。
ペットボトルは、外側も内側も
きちんと洗います。

「クリーンルーム」の工程だよ!

STEP5

てん

500mlのペットボトルなら、
1分間に約750本のスピードで
中味がつめられていきます。

すごいスピードだ!!

STEP6

キャップしめ

中味をつめた後、
すぐにきっちりしめるので、
風味炭酸ガスをにがしません。

1分間に758個のキャップがしめられるんだって。

STEP7

温め

ペットボトルにお湯をかけて、
冷たいサイダーを温めます。
冷たいままだと、ボトルの表面に水滴
ついてぬれてしまうためです。

冷たいサイダーにお湯をかけるの!?

STEP8

ラベリング

ラベルをかぶせてから、
蒸気をふきかけて熱でボトルに
密着させます。

ただかぶせるだけではダメなんだね。

STEP9

日付印字

中味の量や製品
問題がないか検査して、
合格したものだけが、
おいしく飲める賞味期限
印字されます。

わーい!やっと完成だー!

STEP10

はこづめ

ケーサーという機械を使って、
決められた本数を自動的に
はこにつめていきます。
つめおわったら、倉庫に運ばれます。

一度にたくさんつめられるんだね。

STEP11

出荷

長距離輸送の場合は、
商品をコンテナに入れて、
船や鉄道で運ぶこともあります。

こうやっていろんなところに運ばれるんだね!

不純物のない
「みがかれた水」に

活性炭イオン交換イオン交換精密1・精密2※を通して、人の目に見えないほどの小さな粒子まで取りのぞきます。この作業を「水をみがく」といい、不純物のない、安全でおいしい飲みものをつくるきそとなります。
※ろのためのフィルターの構成

調合に使われる
副原料について

糖分」「香料」「酸味料」などは、副原料として味を調節する役わりを果たしています。これらは、「安全でおいしい」基準をクリアしたもので、安全で高品質な飲みものをつくり続けるために大切なものなのです。

静菌効果のある
炭酸ガス

炭酸ガス”にはそれ自体に静菌効果がふえるのをおさえる効果)があり、規定以上の“炭酸ガス”がふくまれる炭酸飲料は、果汁牛乳などがふくまれていなければ、
加熱殺菌をしなくても安全に飲めるのです。

てんは、
クリーンルームで、洗浄した
ペットボトルにつめること

「リンサー」という機械でペットボトルを洗浄した後、飲みものをてんします。
この工程は、不純物混入ぐために、「クリーンルーム」という衛生的な部屋で行っています。安全な飲みものをつくるために細心の注意をはらっているのです。

低い温度でてんした
ものは、常温まで温めて出荷

低い温度でてん(容器中味をつめること)した飲みものをそのままにしておくと、表面に水のしずくがついてぬれてしまいます。これをふせぐために、常温(ふつうの温度)にもどるまで温めてから出荷します。

外観検査機品質
最終チェック

工場でつくられた製品の「中味の量」「キャップの位置」「ラベル」などの最終チェックを「外観検査機」という機械で行います。製品の最終チェックを行うことで、安全での高い飲みものをおとどけすることができます。

×