2022.5.2 UP

手軽にできる
ストレス解消法

スイっちーの
ワクワクブレイクタイムの
お時間がやってきました。

第4回のテーマは「手軽にできるストレス解消法」になりました。
アンケートにご回答していただいたみなさん、ありがとうございました!

ストレス解消法というとさまざまな方法がありますが、今回は「家庭菜園」です。
土いじりや植物を育てることはリラックス効果があるということも言われており
さらに今の季節は種まきや苗を植える家庭菜園シーズンです。
新しいことを始めたくなるこの時期に、ぜひ家庭菜園にチャレンジしてみてはいかがですか。

それではいってみましょう!

コップの中からスイっと登場!
気になったことをスイっと解決!
アサヒ飲料の妖精スイっちーだよー。スイスイ〜!

今回の「ストレス解消について」は【育てて楽しむ かんたん家庭菜園】をご紹介!
お手伝いしてくれるのは、最年少野菜ソムリエプロで各メディアで野菜のおいしさ、選び方、育て方などの野菜の知識や情報を伝えている緒方 湊先生です!
野菜
ソムリエプロ

緒方 湊さん
こんにちは!野菜ソムリエプロの緒方 湊です。
野菜のことを知ることで食事や買い物がもっと楽しくなる!そんなことを思い日々野菜の魅力を伝えています。
今回の家庭菜園はリラックス効果もあると言われていてオススメです。僕も土をいじっているときは無心で時間を忘れて没頭しちゃいます。
そうそう。
土をいじったり植物を育てたりするのは、無心になれる作業で、心も落ち着きリラックスできるよね。
ただ家庭菜園というと知識もないし、育てる場所もないし、うまくできるかどうか不安な人もいるよね。
野菜
ソムリエプロ

緒方 湊さん
ご安心ください!
家庭菜園は実は意外と簡単なんです!
特にこの時期は暖かくなり失敗しにくく、さらにいろいろな野菜を種や苗から育てることができるんです。
野菜は主に、葉物野菜は種から育て、実がつく野菜は苗から育てます。種から育てる葉物野菜の方が、すぐに収穫できる、場所を取らない、支柱などの道具が必要ないというのもあり、初心者にはオススメです。
今回は種から育てるオススメのハーブを中心に紹介しますね。
スイっちー、一緒に紹介よろしく!
はーい!それではいってみよう!
リラックスできるワクワクの家庭菜園情報、そしてそれを使ったおいスイ〜(おいしい)情報はこちら!スイスイ〜!

まずは失敗しにくい
ハーブから育ててみよう

用意するもの

土(培養土)

「種まき用」や「野菜用」などさまざまな種類の培養土がありますが、一般的な野菜用のものが良いです。

今日から野菜 野菜を育てる土:15L ¥1,210
(ハイポネックスジャパン)

プランター

実をつける野菜を苗から育てる場合は深くて大きいものの方が良いです。

ハサミ・スコップ・軍手

使用しなくても良いですが、あった方が効率よく作業ができます。

肥料

使用しなくても育てることはできますが、あった方が長期間多く収穫できます。

左|今日から野菜 野菜の肥料:315g ¥440
(ハイポネックスジャパン)

右|虫予防するマグァンプ®D:200g ¥660
(ハイポネックスジャパン)

ナス、キュウリ、トマトなど実をつける野菜は苗から育てた方が良いです。
品種などによっても違いますが、一袋にかなりの量が入っていますので、使い切らなかった場合は密封して冷蔵庫などで保管すると良いです。ただ年数が経つにつれ発芽率は下がっていきますのでご注意ください。

ハーブなどは苗でも販売していますので、すぐにでも楽しみたい方は苗から育てても良いです。
実をつける野菜の苗は花がついているものを選ぶとすぐに実がつき始めますのでオススメです。

育て方

置く場所を決める

野菜全般的には日当たりがいい方が良いですが、今回のハーブの場合は直射日光に当たりすぎない方が良いので、レースのカーテン越しの室内やベランダなどの半日陰の方が育てやすいです。ただし、室外機の前に置かないよう気をつけてください。

土入れ

水やりをすると土の高さが少し下がりますので、プランターの9割くらいの高さまで土を入れます。
鉢底石は水はけをよくするために入れたりもしますが、入れなくても育てることができます。

種まき

スジを作り、スジにそって種をまいていきます。種によって光を好むもの好まないものがあり、それによってスジの深さ、間隔、被せる土の量などが変わるので、種のパッケージをみてご確認ください。種まき後に水やりで種が流されないように、手のひらで土を軽く押さえます。

水やり

発芽する前は土を常に湿らせておくように頻繁に行います。発芽した後は徐々に頻度を下げていきます。大きくなってきたら、数日に一度土が乾いたらしっかりあげる(プランターの下から溢れるくらい)程度にします。土が常に湿っていると根が腐る原因になりますので注意してください。

間引き

芽が出てある程度伸びてきたら、太くてしっかりしてるものを残しヒョロヒョロなものなどを間引いていきます。
間引いたものでもサイズによってはベビーリーフとして食べることもできます。

収穫

今回紹介するハーブなどは上から摘み取っていきます。上から摘み取ると脇からどんどん新しい芽が出てきます。
ある程度生い茂ってきたら、土から出てる部分を10cmほど残しバッサリ切るとまた新しい芽が出てきます。

意外とかんたんに始めることができるんだね!これなら誰でもやれそうだね!

そうなんです。
いろいろと道具なども用意しなくてはいけないイメージですが、意外と簡単に出来るのでぜひ試してみてください!
これから紹介するハーブ類の野菜は暑さ寒さに強くかんたんに育てられますので初心者にはオススメです!

さわやかな香りで
トマトやチーズなどと相性抜群
バジル

20cmくらいの大きさになったら、収穫するタイミングです。まず最初は葉の一番上を摘み取ると、その後は新しい芽がいくつも横から出てきます。
オススメの食べ方は
やっぱりカプレーゼ、
ジェノベーゼ、
マルゲリータですね!

付け合わせだけでなく、
独自の風味を生かしたレシピにも
パセリ

葉っぱが開く前に収穫していきます。開いている状態の方が美味しそうに見えますが、開いてしまうと固くなってしまうので、開く前の縮れている状態で収穫
しましょう。
一般的には付け合わせ
ですが、家庭菜園なら
ではの柔らかい食感と
たっぷりの量を生かした
レシピもオススメです。

天ぷらがとにかくオススメ!パクチー

20cmくらい大きくなると花が咲いてきます。花が咲いたら終わりの合図ですのでそれまでに収穫しましょう。なお、花がついて種ができますが、その種が
「コリアンダーシード」
です。
サラダや炒め物はもち
ろんですが、オススメは
天ぷらです!


デザートに添えたり、
ミントを使ったシャーベットにも
ミント

他のハーブ類よりも繁殖力が強いのでどんどん収穫することができます。他のものと同じように上から摘み取っていきます。
アイスやデザートに添え
たり、ミントをそのまま
使ったシャーベット
などもオススメです。

お茶や肉料理などの香り付けにローズマリー

放っておいても増えてくるので、どこからでも使いたいサイズをお好みでカットします。
オリーブオイルにローズマリーを漬けてお肉と一緒に料理したり、
鶏の丸焼きなどにも
添えたり。オススメは
ローズマリーポテト
です!

ハーブは初心者でもかんたんに育てられる野菜の一つ。料理にもワンポイントで使うと香り付けになったり、ちょっとあるだけでとっても便利だよね。

さらにチャレンジ! 苗から育ててみよう

苗から育てる野菜のメリットは、種とは違い発芽するかしないかの心配がないところ。さらに今の時期はトマト、ナス、ピーマンなどの夏野菜の苗を植えるシーズンでもありますので、興味を持っていただいた方にはぜひこちらもチャレンジしてもらいたいです!
自分で育てた苗から実がつくと本当に嬉しい気持ちになり、その味は格別です!ぜひ試してみてください!

ミニトマト

苗を選ぶポイントは花が咲いているかどうか。花が咲いていると実がつく準備ができている証拠なのですぐに収穫ができます。
育てるときは、根が下に伸びていきますので深めのプランターで育て、苗が大きくなったら支柱で支えてあげると良いです。水を極力少なめに育てるとトマトが甘くなっていきます。
僕はハチミツ漬け、ドライトマト、焼きトマトが好きです。

スイスチャード

育てる場合は15cm間隔くらいでプランターに植えます。収穫する際はほうれん草のように株ごと引っこ抜くのではなく、外側の葉っぱからハサミで切り取っていくと良いです。大きくなりすぎると固くなってしまうので、若いうちに収穫します。サラダやおひたし、炒め物も良いですが、色自体がカラフルなのでそれを生かした料理に使うと、華やかになりオススメです。

ナス

ミニトマトと同じように深めのプランターで支柱を立てて支えて育てていきます。
トマトは極力水をやらない方がいいですが、ナスの場合は逆で水と肥料を多く与えるとその分実を多くついてきます。

ピーマン

ピーマンも同じく支柱を立てて支えて育てていきます。わざと収穫時期を遅らせることで実が緑から赤に変わりより甘みが増してきます。日持ちしないのであまりの世の中には出回っていませんが、ぜひ試してみてください。自分の自由なタイミングで収穫できるのも家庭菜園のいいところですね。

自分で育てた野菜を食べるって絶対においしいよね!これはぜひ苗から育てるのもチャレンジしたくなるね!
野菜
ソムリエプロ

緒方 湊さん
この時期はちょうど家庭菜園シーズン。紹介したもの以外にも、キュウリ、カボチャ、ズッキーニ、スイカ、メロン、オクラ、ゴーヤなどなど、ここで紹介しきれないくらいのとっても多くの種類の苗がホームセンターでは取り扱っているので、そこから選ぶ楽しさもあります。ぜひいろんな野菜をチャレンジしてみてください!
緒方さん、ありがとう!
「育てて楽しむ 家庭菜園」でリラックスしてみてね!
それじゃまた次回!スイスイ〜!
野菜ソムリエプロ 緒方 湊さん
2008年3月生まれ。最年少野菜ソムリエプロ。
2019年4月、茨城県より「いばらき大使」に任命される。
食べることが大好きで、小さな頃から野菜や果物の収穫体験に参加。6歳からは近所に畑を借り、自分で野菜づくりを始める。2019年より自宅の庭に菜園を造園し、日本各地の伝統野菜を栽培している。8歳で「野菜ソムリエ」、10歳で「野菜ソムリエプロ」に合格し、当時の最年少記録を大幅に更新。
テレビなどへのメディア出演、農業関連のイベントやセミナー講演などで活躍中。
オフィシャルサイト
みなとの野菜大辞典
野菜情報満載! さまざまな野菜のおいしい食べ方や保存方法など役に立つ情報が満載です!新着情報ではメディア出演情報などもあります。ぜひ見てください!
Twitter
@minato55831

僕はほとんどお茶しか飲まないので、小さな頃からお出掛けには「十六茶」をよく持っていっていました。ノンカフェインで、やさしい味の「十六茶」は思い出の味。スポーツの後にも飲んでいます。
今年の新しいパッケージも、丸みのあるフォルムやデザインで、とても素敵です。

アサヒ飲料おすすめレシピ

おうちでカフェ風
フレッシュハーブを使った
炭酸ドリンク

ハーブの香りと炭酸ですっきり爽快リフレッシュ!
【作り方】
グラスに氷とお好みのフレッシュハーブを好きなだけ入れて、「ウィルキンソン タンサン」を注ぎ入れ完成。

本コンテンツの更新は不定期です。