uruoi life

キモチとカラダがうるおう生活のヒントをインタビュー

松下由樹

 松下由樹松下由樹

松下さんの4つのuruoiメソッド松下さんの4つのuruoiメソッド

  • 01 体調管理の要は“冷え”防止
  • 02 元気のもとは生姜と発酵食品
  • 03 コーヒーと香りでホッとする瞬間
  • 04 思いきり笑って泣いてが心の栄養

トレンディドラマや刑事ドラマ、時代劇からコメディまで。
数々の作品で幅広い役柄を演じてきた、実力派女優の松下由樹さん。人気シリーズ作に出演するなど、
長く一線で活躍しつづけている松下さんは、50代になっても変わらない健康的な笑顔と抜群のスタイルが魅力です。
ライフスタイルの“うるおいポイント”を伺います。

01 “冷え”と“むくみ”は体調管理のバロメーター

松下由樹

最近、ちょうど90年代に松下さんが出演されていたドラマの再放送を見ていたのですが、印象がまったく変わりません。ズバリ、健康と美容の秘訣は?
血流がちゃんと全身に行きわたるように、こまめに足首や土踏まずをマッサージして、体を冷やさない。本当にずっとやっていることと言えば、それくらいです。でも、それが体調管理で一番大切なことだと思っています。むくみや全身のコリにもつながりますし、特に女性は、年齢問わず“冷え”が一番の大敵ではないでしょうか。血行が悪いと顔色や化粧のりまで悪くなるので、自分で見てテンションが下がってしまう。逆に、体が温まると、可動域も広がって内側から元気が湧いてくる気がします。
何かきっかけがあって気がつかれたのですか?
これは、仕事柄ですね。撮影現場って、スタジオが冷房で冷えきっていたり、冬のロケでも春らしい衣装で平気な顔をしていないとだったり、環境や状況によって思うように体温調整ができないことがとても多いんですね。

image

※画像はイメージです

確かに、女優さんは撮影の待ち時間に分厚いベンチコートを着ているイメージです。
もちろん外側からも温めますが、やっぱり血行を良くするには、日頃のケアが大事になってくることを年々実感しています。お風呂に浸かっているときも、温めるだけでなく血流を意識して足首や足裏をマッサージすると、効率がいいのでおすすめです。

※画像はイメージです

uruoi POINT
冷えは大敵! 体を冷やさない
湯船に浸かって足をマッサージ

02 生姜やお味噌がパワーの源!

松下由樹

食生活で心がけていることはありますか?
やはり「冷やさない」、「体の内部から温める」ということを、常に意識しています。辛いものはあまり得意ではないのですが、生姜は大好き。お味噌汁、スープ、納豆、うどん、お鍋、など……最近は薬味感覚で何にでも刻み生姜をたっぷり入れています
納豆と生姜の組み合わせは新鮮です!
食感もよくなり、体の中から温まるのを実感できます。生姜のパワーってすごいな。やっぱり昔から言われていることって、言われているだけのことがあるんだなって。あとは、納豆もそうですけど発酵食品をよく食べますね

image

※画像はイメージです

発酵食品というと、ヨーグルトなどですか?
ヨーグルトも毎日食べていますが、名古屋出身なので、やはりお味噌は好きです。辛いものが苦手なので、韓国料理はこれまであまり食べたことがなかったのですが、名古屋は赤味噌が基本なので、コチュジャンとサムギョプサルにはハマって! 家でもなんでもサンチュに巻いて、コチュジャンやここにも生姜をトッピングしてよく食べています。頑張らなくてもお野菜とお肉をたっぷり楽しめるのがいいんですよね。

image

※画像はイメージです

uruoi POINT
体の中から温める!
毎日必ず食べる発酵食品

Profile

松下 由樹まつした ゆき

1968年生まれ。愛知県出身。映画『アイコ十六歳』でデビュー。1989年、ドラマ『オイシーのが好き!』(TBS)で初主演。その後も、『29歳のクリスマス』、『ナースのお仕事』、『ココリコミラクルタイプ』、『大奥』(フジテレビ)、『臨場』(テレビ朝日)、『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室』(テレビ東京)など多くのドラマ、映画、舞台、CMで活躍中。

PAGE TOP