社員とともに

2019年7月31日更新

働き方改革宣言:未来へ「つなげる」働き方へ!
~「効率的」につなぎ、さらなる価値向上を目指して~

アサヒ飲料では、多様な個性をもつ社員一人ひとりが、ワーク・ライフ・バランスを実現しながら、自分の能力や適性を存分に活かすことが、新たな価値を創造し、企業の持続的な成長につながると考えています。
2018年4月からスタートした「働き方改革」では、生産性向上による時間の創出を目指し、柔軟な勤務制度改革、IT支援、勤務上の風習の改善、業務プロセスの改革に取り組んでいます。
また、社員一人ひとりが創出された時間の活用方法を考え目標を設定する制度を導入し、社員の健康づくり、自己研鑽・資格取得、育児・介護時間への充当、社会貢献活動への参加等の活動へシフトするよう促しています。
さらに2019年は、柔軟な働き方につながる環境整備のひとつとして本社の「オフィス改革」に取り組んでいます。

コミュニケーションを重視した本社のオフィス

自ら高みを目指す社員を支援する研修制度の充実

アサヒ飲料は、社員が活き活きと働き、能力を伸ばしていける環境づくりに努め、社員のキャリア開発を支援するさまざまな人材育成制度を整備しています。
社会人として必要な基礎研修や各部門に応じた部門別研修のほか、より高いステージで活躍できるよう、全社戦略立案を志す選抜型研修を実施しています。
また、2018年1月には社員一人ひとりにフォーカスした「キャリア自律支援ポータルサイト」を新設し、自身の成長ステージやキャリア志向に合わせ、eラーニングを活用しながら自律的に学べる環境を構築しています。このポータルサイトの活用により、キャリア実現に向けて努力を続ける社員を積極的に支援しています。

キャリアマネジメントの支援

社員の能力を最大限に引き出す風土づくり

企業価値の向上には社員の成長が不可欠であり、「人財」を重要な経営資源ととらえ、それぞれが能力を発揮できるよう、社員一人ひとりがキャリアビジョンを描き自律的に仕事をすることを通じて、自己実現につながる支援を行なっています。

コンプライアンスの取り組み

アサヒ飲料のあらゆる事業活動は、法令等を適切に順守することを基盤として成り立っています。コンプライアンスは、私たちが永続的に社会に受け入れられ、企業価値を向上させていくために不可欠な取り組みです。このような観点から、すべての役員および社員の一人ひとりがコンプライアンス推進の主体となり、事業活動のあらゆる局面でコンプライアンスを最優先とする行動を徹底しています。
また、アサヒグループでは、2019年1月にグループ共通の理念である『Asahi Group Philosophy(AGP)』を制定し、AGPを実現するために「グループ行動規範・ポリシー」を制定し、すべての役員および社員がとるべき具体的な行動を周知徹底することで、コンプライアンス最優先の行動の徹底を図っています。

詳細はこちら

インターンシップで業界の最先端を体感! 多様なプログラムで就活生の未来を応援

これからの『100年のワクワクと笑顔を。』を生みだすアサヒ飲料を実感していただくために、インターンシップでは、事務系コース、生産・エンジニアリングコース、研究所コースそれぞれのコースを設けています。学生の皆様が将来の働き方を想像しながら、飲料業界の経営・マーケティング、商品開発の醍醐味、ものづくりの現場を体験できるプログラムを提供し、参加者から高い満足度を得ています。

採用情報