NOWアサヒ飲料イマ

アサヒ飲料の事業や制度について、
インフォグラフィックでご紹介。

アサヒ飲料の事業や制度について、
インフォグラフィックでご紹介。

アサヒ飲料の事業や
働く環境をご紹介します

  • 3

    飲料業界

    三ツ矢サイダー・カルピス・十六茶・WONDAなどの主力のロングセラーブランドの強化・育成に力を入れ、業界3位に躍進しました。
    ロングセラーブランドをさらに磨き、お客様から最も信頼される会社となることで、業界1位の達成を目指し、これからも挑戦を続けていきます。

  • 16年UP

    16年連続成長

    2002年から16年連続売上高が成長しています。
    社員一人ひとりの日々の工夫の積み重ねがあってこその成果です。

  • 5,134億円※日本基準

    2018年売上高 過去最高

    売上高 約2兆1202億円(IFRS基準・2018年度)を誇るアサヒグループの中で、グループ全体の売上の約17%を占め、グループの成長を牽引しています。

    • ※アサヒ飲料株式会社の売上高もIFRS基準にした割合
  • 13.7

    売上シェア※2018年現在

    現在の飲料業界売上シェアは13.7%と、A社(25.9%)、B社(22.3%)に続き3位。
    この10年で5.0%シェアを伸ばし(160%のシェア率アップ)、大きな成長を遂げています。

  • 600種類

    アサヒ飲料が販売する商品数

    多様化するお客様のニーズに応える新たな商品を生み出すべく、アサヒ飲料では年間を通じて多くの商品を開発しています。
    また、ロングセラーブランドも、さらに多くの方に手に取っていただき、長く愛され続けるように、日々改良を行い、磨き続けています。

  • 19.4億函

    日本国内の2018年 年間販売数

    全商品合計の販売数量(国内)は、約19.4億函。多くのお客様に愛していただいているからこそ、これだけの販売数量が積み上げられています。
    アサヒ飲料は今後も、お客様の期待を超えるおいしい安全・安心な商品を、お届けし続けます。

アサヒ飲料商品との関わり

ONの日も、OFFの日も、1日の多くの場面でお楽しみいただいています。

AM9:00 onの日、offの日
PM12:00
PM15:00
PM18:00
PM21:00
  • 100

    産休・育休後の職場復帰割合(2018年)

    2018年には産休取得者が100%復職しています。
    産休、育休以外にも、育児短時間勤務制度があり、育児と仕事を両立しながら、活躍する社員がたくさんいます。

  • 11「ブラザー・シスター制度」

    新入社員の成長は、配属先の部署全体で見守っています。それに加え、アサヒ飲料では「ブラザー・シスター制度」を導入し、先輩社員が新入社員をマンツーマンで社会人として独り立ちできるようにサポートしています。

  • 365「カルピス」
    こども乳酸菌研究所
    実施回数累計

    277「三ツ矢サイダー」
    ジュニア環境授業
    実施校数累計

    アサヒ飲料では、様々な次世代教育に取り組んでいます。
    例えば、水の循環や森の役割を学ぶ「三ツ矢サイダー ジュニア環境授業」( 2009年より開始)は、累計277校もの学校で実施。多くの子どもたちが参加してくれました。
    また、乳酸菌や発酵の秘密を学ぶ、「カルピス」こども乳酸菌研究所」は、2007年以来、累計365回実施。子どもたちと楽しく乳酸菌について学んでいます。