『ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーグリーンアップル』
若年層向けの新シリーズ「#sober」(タグソバー)から
第2弾が7月26日発売

新商品

2022.07.11

『ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーグリーンアップル』

高解像度画像

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女太一)は、本年から展開している「#sober」シリーズの第2弾『ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーグリーンアップル』を7月26日から全国で発売します。

■商品特長

 ターゲットである若年層にも人気の高いグリーンアップルをフレーバーとして採用しました。「ウィルキンソン」ブランドの特長である強炭酸に加え、グリーンアップルの爽やかな香りが感じられます。数種類のスパイスを使用することで、すっきりとしたスパイシーな味わいに仕上げました。

■「#sober」シリーズについて

 炭酸水の飲用経験が他の年代に比べ少ない20~30代をターゲットとし、欧米の若者に浸透している「あえてお酒を飲まないことを選択する健康的なライフスタイル」である「ソバーキュリアス」という志向にチャンスがあると考え、「#sober」シリーズを本年発売しました。第1弾として3月に「スパイシーレモンジンジャ」を発売し、ご購入いただいたお客さまからは「爽やかな炭酸水で、レモンとジンジャーの香りが良い」といった味わいに関する評価とともに「ソバーキュリアスという考えがもっと広がって欲しい」といった声も上がっています。「スパイシーレモンジンジャ」はシリーズ全体の年間販売目標の100万箱に対して、3-6月の累計販売数量が50万箱を突破しました。引き続き「ソバーキュリアス」というライフスタイルを日本に根付かせるため、新たな飲用文化の拡大を目指します。
 「ウィルキンソン」ブランドは2011年に『ウィルキンソン タンサン』をPETボトルで発売以降、炭酸水を「直接飲用」する文化を提案してきました。2021年は3,108万箱(前年比105%)で14年連続過去最高の販売数量を記録しました。

■参考:アサヒビールの取り組みについて

 アサヒビールではお酒の飲み方の多様性を推進する「スマートドリンキング」を2020年12月から提唱しています。お酒を飲む人・飲まない人、飲める人・飲めない人、飲みたい時・飲めない時、あえて飲まない時など、さまざまな人々の状況や場面における“飲み方”の選択肢を拡大し、多様性を受容できる社会を実現するために商品やサービスの開発、環境づくりを推進しています。

商品概要

『ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーグリーンアップル』

商品名 ウィルキンソン タンサン #sober スパイシーグリーンアップル
容量 PET450ml
希望小売価格 95円(税別)、103円(税込)
品目 炭酸飲料(無果汁)
発売日 7月26日
発売地域 全国

ニュースリリースの配信サービスお申込み