100年以上続く炭酸水No.1ブランド「ウィルキンソン」
菅田将暉さんを新たに広告キャラクターに起用
新TVCM「ココロに、刺激。」編を4月26日から全国放映

CM

2022.04.25

※ インテージSRI+調べ 炭酸水市場(フレーバー含む)2020年12月~2021年11月 ブランド別累計販売金額

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女太一)は、俳優や歌手として大活躍している菅田将暉さんを新たに広告キャラクターに起用した『ウィルキンソン タンサン』の新TVCM「ココロに、刺激。」編を4月26日から全国放映します。
アサヒ飲料公式YouTubeチャンネル:https://youtu.be/fiNA9Uc730k

新TVCM「ココロに、刺激。」編(菅田将暉さん)

■TVCMストーリー

 「ウィルキンソン」のテーマカラーである“赤”の空間に『ウィルキンソン タンサン』を手にした菅田将暉さんが登場。赤い壁に大きく描かれた「ウィルキンソン」の生みの親であるウィルキンソン氏の肖像画の前にたたずみます。「この人がウィルキンソンさんです。」と天の声に話しかけられ振り向く菅田さん。日本に炭酸水を広め、挑戦の100年だったという話に「100年!?」とその歴史の長さに驚きながら、手にした『ウィルキンソン タンサン』を見つめ「どうやったら100年いけるんだろう」とその月日にしばし想いを馳せます。そして『ウィルキンソン タンサン』を勢いよく飲み、スッキリ爽快な強炭酸の刺激を堪能し“ココロに刺激”をもらいます。
 未来へ向かい進化し続ける菅田さんと「ウィルキンソン」の挑戦を感じさせる内容になっています。

 炭酸水No.1ブランド「ウィルキンソン」は、イギリス人のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が『ウィルキンソン タンサン』として1904年に発売を開始した、2022年に118周年を迎えるロングセラーブランドです。2021年の年間販売数量は14年連続で過去最高となる3,108万箱(前年比105%)を達成し、本年1-3月累計の販売数量も前年比106%と好調を維持しています。

■菅田将暉さんインタビュー

 TVCMを通してウィルキンソンさんに会うことができ、やはり存在感があると思いましたし、「ウィルキンソン」の100年以上の歴史に圧倒されました。炭酸という言葉の生まれや広がりも知ることができて面白かったです。撮影現場ではリラックスしつつも、炭酸の表現やフタを開けるシーンなどの細かい点にもこだわることができて楽しかったです。
 『ウィルキンソン タンサン』はいつでも飲めるのが良さでもありますし、僕みたいに朝弱い人だと、朝に現場に着いて飲むのも良いですね。(無糖により)炭酸というものだけがガーンと来てくれるから、シンプルに炭酸の刺激に集中できるので、頭をスッキリしたい時、これから頑張るぞ、という時に飲むのが好きですね。

■菅田将暉さんプロフィール

 1993年2月21日(29歳)生まれ。2009年、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』(テレビ朝日)にてフィリップ役で連続テレビドラマ初出演・初主演。2013年、主演した『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以後数々のドラマや映画に出演。また、2017年「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビューし、歌手としても活躍中。現在、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中。待機作に映画『百花』(9月9日公開予定)がある。

ニュースリリースの配信サービスお申込み