発売から30年目、購買本数No.1のブレンド茶※1
『アサヒ 十六茶』大幅リニューアル
いいものいっぱい、こだわりいっぱいの特製ブレンド

新商品

2022.01.26

※1インテージSCI ブレンド茶市場 2021年1月~2021年12月 購買本数シェア

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女 太一)は、『アサヒ 十六茶』の大幅リニューアルを行い、3月8日に全国発売します。

 今年で発売から30年目を迎えるブレンド茶のパイオニア『アサヒ 十六茶』は、東洋健康思想に基づき、厳選した16素材を使用し、独自の製法で丁寧に作られたブレンド茶であり、購買本数No.1※1のブランドです。この度のリニューアルにより、多くの人と職人の技で 100 以上もの工程を踏んでいることや、素材ごとに焙煎していることなど、こだわり抜かれたブレンドの良さやブレンド茶の魅力を改めて伝えていきます。

『アサヒ 十六茶』

 今回のリニューアルは、ブレンド茶に求められている理想の味わいに近づけるため、素材の配合を見直し、ご好評頂いている「香ばしく、後味すっきり」の味わいをさらに強化しました。

 パッケージは、「特製ブレンド」のロゴを大きく象徴的に記載し、「厳選した16素材」、「素材ごとの焙煎」、「均一なブレンド」など、ブレンド茶ならではの“こだわり”を表しています。また、1993年の発売初期デザインを取り入れることでパイオニアとしての“自信”も表現しています。容器は薬瓶や洋酒瓶をモチーフとした新しいボトルを採用し、「十六茶」の“こだわり”や“自信”を詰め込みました。

 容器は環境配慮素材(PET再生樹脂、バイオマス素材樹脂)を使用した環境にやさしいボトル※2を引き続き採用します。ラベル※3は従来品より薄くし短くすることで1本あたりのCO2排出量が約72%削減され、年間のCO2排出量は約1,500t削減される見込みです。

※2PET630ml、PET660mlが対象

※3新たにPET630ml、PET660mlへ使用

 「十六茶」は、16素材をブレンドした独自のおいしさと健康価値訴求、環境への取組みも推進し、社会環境と共に変化するお客様のニーズに合った新商品の発売や販促活動を行い、ブレンド茶と言えば「十六茶」と認識いただけることを目指していきます。

商品概要

『アサヒ 十六茶』

商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 缶245g
希望小売価格 86円(税別)
93円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 ボトル缶275g
希望小売価格 115円(税別)
124円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 PET275ml
希望小売価格 115円(税別)
124円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 PET600ml
希望小売価格 140円(税別)
151円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 PET630ml
希望小売価格 140円(税別)
151円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 ラベルレスボトルPET630ml
希望小売価格 140円(税別)
151円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 PET660ml
希望小売価格 140円(税別)
151円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 PET2L
希望小売価格 350円(税別)
378円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国
商品名 『アサヒ 十六茶』
容量 (LL)紙パックスリム250ml
希望小売価格 80円(税別)
87円(税込)
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 3月8日(火)
販売地域 全国

ニュースリリースの配信サービスお申込み