『CSVコミュニケーションブック2019』発行

事業・活動

2019.08.01

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、「CSVコミュニケーションブック2019~100年のワクワクと笑顔を。~」(本文26ページ)を2019年7月31日(水)に発行しました。
 本冊子の掲載内容および詳細データは、当社ホームページ上でも公開し、冊子の送付受付も行います。(https://www.asahiinryo.co.jp/csv/

 アサヒ飲料は、新たな価値創造に向けた想いと、当社の10年、20年先のあるべき姿を示すため、「社会の新たな価値を創造し、我々の「つなげる力」で発展させ、いちばん信頼される企業となる」という「ビジョン」を策定し、2019年には「100年のワクワクと笑顔を。」をスローガンに、あらためてお客様に提供する価値を『お客様との約束』として明らかにしました。
 このたび発行した「CSVコミュニケーションブック2019」では、ビジョン実現を目指し行っているアサヒ飲料の「社会との共有価値(CSV)」の基本的な考え方や具体的な活動について報告しています。また、アサヒ飲料が掲げているマテリアリティにおいて、重点的に取り組んでいる活動や、アサヒ飲料らしい活動に焦点をあて分かりやすく伝えています。

■『CSVコミュニケーションブック2019』の主な内容

○ 特集:より良い未来づくりのために、私たちがお客様に約束すること

 『お客様との約束 ~100年のワクワクと笑顔を。~』をテーマに、外部有識者とCSVを担う社員との対話を通じて、社会の期待に応える企業姿勢やそれぞれの職場で実践している取組みについてダイアログ形式で紹介しています。

○ 各マテリアリティの活動報告

 「持続可能な開発目標(SDGs)」などを参考に、幅広い視点で環境・社会課題を捉え定めた、アサヒ飲料のマテリアリティ〈健康〉〈環境〉〈コミュニティパートナーシップ〉〈食育〉〈サプライチェーンマネジメント〉の具体的な活動をステークホルダーの声を取り入れ報告しています。

○ アサヒ飲料を支える基盤

 〈安全・安心のために〉〈お客様とともに〉〈社員とともに〉の切り口から、アサヒ飲料を支える基盤の活動について報告しています。

CSVコミュニケーションブック2019

 当社では今後も、財務的価値と社会的価値を両輪に企業活動を行い、持続的な成長を目指してまいります。

ニュースリリースの配信サービスお申込み