「三ツ矢サイダー」×「週刊少年マガジン」60周年記念企画
世界初!?名作マンガのコマが悩みに応える
『ひとコマ人生相談箱』が7月8日よりスタート
進撃の巨人 / はじめの一歩 / GTO などマガジン名作10作品のキャラクターたちがお悩みに回答

キャンペーン

2019.07.08

 アサヒ飲料株式会社(代表 岸上克彦、所在地 東京都墨田区)は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)の60周年を記念し、「三ツ矢サイダー」と「週刊少年マガジン」の全10作品のキャラクターがコラボレーションした20代応援企画を、2019年7月8日(月)より特設サイト(URL:https://mitsuya-magazine.com)と公式Twitterアカウント(@mitsuyamagazine)にて開始いたします。悩み多き20代の若者を「三ツ矢サイダー」が掲げる『やりきろうぜっ、ジブンらしく。』というキャッチコピーと「週刊少年マガジン」人気キャラクターたちの名言と共に、全力で応援する企画です。

「週刊少年マガジン」(講談社刊)の60周年コラボプロジェクト

 応援企画第1弾は、キャラクターが若者の悩みや素朴な質問に回答する『ひとコマ人生相談箱』。質問を投稿すると、「週刊少年マガジン」の全10作品のキャラクターたちが、悩みに対して実際のマンガ作品のコマで回答する企画です。投稿された悩みをAIによって解析、悩みのタイプに応じて、全10作品の過去作品の中から応援に最適な名言コマでユーザーに返信します。回答は真剣に悩みに答えるコマから、マンガならではの笑えるコマ回答もあり、何度も楽しむことができる内容になっています。また、公式Twitterアカウントでも「ひとコマ人生相談箱」を展開するほか、作品のコマを時節やtwitterの人気ハッシュタグに掛け合わせた通常投稿も行います。
 さらに、特設サイトでは、自分の好きなマンガ作品のキャラクターたちがWEBサイトのバナーで応援する『推しキャラ応援バナー』企画。公式WEBサイトで選んだ推しキャラクターが様々なWEBサイトを見ている時に、バナー広告であなたのことを応援します。
 また、企画と連動した交通広告も7月1日(月)から東京メトロ新宿駅・渋谷駅にて掲出を開始します。名作のキャラクターが「やりきろうぜっ、ジブンらしく。」のキャッチコピーと共にあなたのことを応援します。

参考:参加作品一覧
あひるの空 / 金田一少年の事件簿 / 魁!!クロマティ高校 / GTO / 進撃の巨人 / 七つの大罪 / はじめの一歩 / FAIRY TAIL / ベイビーステップ / 魔法先生ネギま! 全10作品(五十音順)

■第1弾「ひとコマ人生相談箱」
応援企画第1弾は、20代のリアルな悩みに答える「ひとコマ人生相談箱」。公式サイトまたはtwitterで、質問を投稿すると、「週刊少年マガジン」の全10作品のキャラクターが実際の作品の名言コマでお悩みに対して回答します。質問によって異なる全部で約500種類のコマは必見です。画像は回答の一例です。

 特設WEBサイト:https://mitsuya-magazine.com
開設期間:2019年7月8日~2019年9月20日

遊び方
<質問&回答例>
<質問&回答例>

■ 第2弾「推しキャラ応援バナー」
 特設サイトでは応援企画第2弾として「推しキャラ応援バナー」も展開。10作品の中から、自分が選んだ好きなマンガ作品のキャラクターがWEBサイトのバナーになって皆さんを応援します。
実施期間:2019年7月8日~2019年9月20日

「推しキャラ応援バナー」

▼ 公式Twitterアカウントによる投稿
  応援企画第1弾「ひとコマ人生相談箱」をTwitterアカウントでも実施します。また、質問への回答だけでなく通常投稿も作品のコマを使用して、時節や、ツイッターの人気ハッシュタグに掛け合わせた一言など、フォローしていただくと楽しい投稿をご覧いただくことができます。
公式Twitterアカウント:@mitsuyamagazine
開設期間:2019年7月8日~2019年9月20日 https://twitter.com/mitsuyamagazine

公式Twitterアカウントによる投稿

■ 『「三ツ矢サイダー」×「週刊少年マガジン」60周年記念企画』屋外交通広告
 20代の将来への不安や葛藤などに寄り添い、”やりきることの応援”と”すがすがしさ”を伝える交通広告を掲出します。「ひとコマ人生相談箱」企画との連動グラフィックもご期待ください。

『「三ツ矢サイダー」×「週刊少年マガジン」60周年記念企画』屋外交通広告

■ 「ひとコマ人生相談箱」回答一部ご紹介
画像は回答の一例です

「ひとコマ人生相談箱」
「ひとコマ人生相談箱」

ニュースリリースの配信サービスお申込み