ESGの取り組みを強化
「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」
売り上げの一部を国連WFP協会に寄付
~こども達の健全な成長を支援~

事業・活動

2018.12.06

「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」

高解像度画像

アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、国連WFP協会に「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」の売上げの一部を寄付します。

 国連の食料支援機関であるWFPは、こどもの飢餓や貧困をなくすと同時に教育機関を広げることを目的として「学校給食プログラム」を実施しています。当社は本寄付にあたり、この「学校給食プログラム」を個人および企業が支援する「レッドカップキャンペーン」に参加します。「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」(PET1.9L×6本) 1本につき2円を国連WFP協会に寄付します。寄付金額は学校給食に形を変え、貧困に苦しむこどもたちに必要な栄養と希望を届けます

「アサヒ おいしい水 ラベルレスボトル」(PET1.9L×6本)は総合オンラインストアAmazon.co.jpでケースのみで販売しております。

【対象商品】

 「アサヒ おいしい水 ラベルレスボトル」(PET1.9L×6本)
 寄付金額:1本につき2円

【対象期間】

 2018年5月22日~2019年4月30日

アサヒ飲料株式会社はこれからもサスティナビリティの向上を目指したESGへの取り組みを強化していきます。


参考資料

「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」

「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」は、PETボトルに貼付しているロールラベルを削減し、廃棄物量削減による環境負荷の低減と、ロールラベルを剥がす手間を省き使いやすくした「人にやさしく、地球にもやさしい」通信販売専用のミネラルウォーターです。

国連WFPについて

 国連WFPは国連唯一の世界最大の食料支援機関であり、WFP国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。

  • WFP国連世界食糧計画
  •  WFP国連世界食糧計画は、飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食料支援機関です。災害や紛争発生時には人々の命を守るために食料を配給し、学校では子どもの栄養状態の改善と就学を促すため給食を提供しています。

  • 国連WFP協会
  •  国連WFP協会は、世界の飢餓撲滅を使命とするWFP国連世界食糧計画の理念と活動を日本において普及し、啓発することにより、日本社会から物、心の両面の貢献をすることを目的としています

「学校給食プログラム」について

「学校給食プログラム」は途上国の子ども達に無償で学校給食を提供するプログラムです。60ヶ国で実施しており、世界中で1,830万人の子どもを支援しています。(2017年) 1日あたり約30円の学校給食が彼らの命を繋ぐだけでなく通学を可能にし、夢を広げる大きな力になっています。

「レッドカップキャンペーン」について

「レッドカップキャンペーン」は2011年11月1日にスタートし、1人でも多くの飢えに苦しむ子どもに学校給食を届けることを目的にしたキャンペーンです。給食を入れる容器として使っている「赤いカップ」のマークを目印に、学校給食支援に協力する「寄付つき」商品を展開しています。これまでに32企業、団体が参加しています。

ニュースリリースの配信サービスお申込み