ESGの取り組み強化
沖縄県の掲げる“健康長寿おきなわ復活”に貢献!
「アサヒ飲料 沖縄健康チャレンジ!」スタート

事業・活動

2018.12.04

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、2017年よりスタートした「アサヒ飲料 健康チャレンジ!」の一環として、2018年12月より沖縄県において「アサヒ飲料 沖縄健康チャレンジ!」をスタートします。

 アサヒ飲料は、社会として健康意識が高まる中、お客様から信頼され、必要とされる飲料会社になるために、健康で快適な生活に貢献することを目指し、2017年より全部門、全社員で取り組む「アサヒ飲料 健康チャレンジ!」を立ち上げ、活動をすすめています。開始以降、健康を軸に地域とのコミュニティーパートナーシップを強化しながら、取り組みを行ってきました。そこで今回、これまでの知見を活かしながら、沖縄県が掲げる“健康長寿おきなわ復活”に貢献すべく、「アサヒ飲料 沖縄健康チャレンジ!」をスタートします。

「アサヒ飲料 沖縄健康チャレンジ!」の取り組みについて

 本プロジェクトは、沖縄県が掲げている“健康長寿おきなわ復活”をテーマに、各自治体やコミュニティの健康課題解決へ取り組む活動です。

自治体との取り組み

 「国頭村」では、村民の方の血圧対策に貢献すべく、健康診断の結果で血圧が高めだった方に対し、血圧計と血圧が高めの方の血圧を低下させる機能がある「ラクトトリペプチド」が含まれている機能性表示食品の「アミールやさしい発酵乳仕立て」のサンプリングを実施します。対象者には日々の血圧や継続飲用の状況を記録していただき、健康意識の向上を図ります。
また、「八重瀬町」では、町の健康づくりの“お手本”となっていただくために、役場で働く職員の方々に「乳酸菌科学シリーズ」を職員の健康状態に合わせて1カ月間サンプリングし、その後、町民の皆様にも展開していく予定にしています。

「乳酸菌科学シリーズ」サンプリングイメージ

那覇空港との取り組み

 2019年の秋には、観光立県「沖縄」を支えている那覇空港で働くスタッフの方々に「守る働く乳酸菌」を1ヶ月間お渡し、季節の変わり目の健康維持にお役立ていただきます。

【展開スケジュール】


健康維持展開スケジュール

「アサヒ飲料 健康チャレンジ!」とは

 健康ニーズの高まりを背景に、日本中のみなさまが毎日の「飲みもの」を通じて、ココロもカラダも健康になれる事を目的とした、アサヒ飲料の全部門、全社員で取り組む活動です。当社で働く全ての人が“健康”とは何かを自ら考え、学び、実践し、そこから得た知見を活かしながら、自治体や研究機関など社内外のさまざまな方々とつながり、連携し、「商品」や「サービス」という形にして提供していきます。

アサヒ飲料 健康チャレンジ! ~自分も会社も世の中も健康に~ 概念イメージ図

活動スローガン

アサヒ飲料 健康チャレンジ!
~自分も会社も世の中も健康に~

アサヒ飲料 健康チャレンジ!ロゴ

 毎日の「飲みもの」を通じて、ココロもカラダも健康になる事に貢献したいという「健康チャレンジ!」の想い、その取り組みを分かりやすく伝えるために、ロゴを作成しました。今後、商品の一部や、販促物等で、順次展開してまいります。

 アサヒ飲料は、今後も、サスティナビリティの向上を目指したESGへの取り組みを強化することで 高品質で安全な商品と真心のこもったサービスを通じて、豊かで健康な食生活の実現に貢献します

「カルピス」「カラダカルピス」は、アサヒ飲料(株)の登録商標です。