【参考資料】

「ワンダ」ブランドを通じて北海道の農業・畜産業を支援!
寄付金9,556,572円を公益財団法人北海道農業公社へ寄付

事業・活動

2018.03.13

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、昨年9月5日から12月30日までの期間、北海道で実施した「ワンダブランド1本1円寄付活動」において、「ワンダ」ブランドの売上に応じて確定した9,556,572円を3月31日に公益財団法人北海道農業公社(本所 北海道、理事長 竹林 孝、以下、北海道農業公社)へ寄付します。

 本活動は、期間中に道内で販売した「ワンダ」ブランド全商品の売上1本につき1円を北海道農業公社に寄付するもので、乳素材や果汁などの原材料の安定調達や農業・畜産業を生業とする北海道のお父さんの支援を目的に取り組んだ施策です。

 寄付金は、北海道農業公社内の北海道農業担い手育成センターを通して農業・畜産業の後継者の育成などに活用されます。

 期間中、多くのお客様からご賛同をいただき、9,556,572本のご愛好を頂戴しました。本活動にご参加、ご協力を賜りました全ての皆様方に心より御礼申し上げます。

 「ワンダ」ブランドは本年も、前向きになれる缶コーヒーブランドとしてお客様に新たな価値を提供できる新商品やマーケティング活動に取り組んでまいります。

ニュースリリースの配信サービスお申込み