会社情報

ニュースリリース 2014年

2014年1月6日

「ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−」新CM放映
高解像度画像はこちら

〜明日は、今日より、ワンダフル。〜
『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』 新TVCM放映
AKB48出演 最新作
「メッセージ」編、「高級豆」編、「トライアル」編
1月7日(火)から全国でオンエア


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 本山 和夫)は、国民的アイドルグループ「AKB48」を起用した、新商品『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』の新TVCM「メッセージ」編、「高級豆」編、「トライアル」編の3編を、1月7日(火)から、全国でオンエアします。

 『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』は、厳選高級豆をブレンドした、上質で深い味わいが特長のプレミアムブラック缶コーヒーです。アラビカ種100%のコーヒー豆を使用し、複数の高級豆をブレンドすることで深いコクと豊潤な味わいを実現しています。また一口飲んだときに広がる香りと、余韻を感じるおいしさが特長です。

 今回のCMは、国民的アイドルグループ「AKB48」のメンバーが、ブラックを基調とした上質な空間の中、大人の雰囲気で『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』の魅力をストレートに伝えることによって、商品の上質感や高級感を訴求しております。

 「ワンダ」ブランドは、ブランドメッセージ「明日は、今日より、ワンダフル。」を掲げ、『ワンダ モーニングショット』、『ワンダ 金の微糖』などの主力商品の強化と、新たな価値を持った新商品の提案などに取り組んできました。さらに、国民的アイドルグループ「AKB48」を起用した大々的な広告宣伝活動や販促活動の展開により、好調に推移しました。

 「ワンダ」ブランドは本年も「モーニングショット」、「金の微糖」を中心とした主力商品の強化に加え、「ゴールドブラック −金の無糖−」など新商品の積極的な広告・販促活動を展開していきます。

【TVCM概要】

TVCM名

「メッセージ」編、「高級豆」編、「トライアル」編

放送日

1月7日(火)

放送地域

全国

出演者

■AKB48 出演メンバー
大島優子(おおしまゆうこ)、渡辺麻友(わたなべまゆ)、島崎遥香(しまざきはるか)

CMストーリー

「メッセージ」編

カシュッ、と缶を開ける音に続き、大島さんの真正面からのカメラ目線を捉えてスタート。「缶コーヒーって、『金』とか『ゴールド』って勝手に言えないんだって。」と言いながら、黒のトレンチコートのクールで上質な装いの大島さんがまっすぐ歩いてきます。そして巨大な『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』の缶に寄り掛かり、強さをたたえた眼差しでカメラに向かい、「ってことは、すごい名前ってこと?」と語りかける大島さん。背景には、「“金”を語ることを許されたブラック」の文字が現れます。そして、蒸気が立ち昇るコーヒー豆の背景の中に、『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』が回転しながら正面を向く動きにあわせて、「“金”、それは高級豆の証。ワンダ ゴールドブラック デビュー」というナレーションが入ります。最後は、大島さんを中心にした3人がカメラに向かって、“金のブラック”と告げ、CMは終わります。

「高級豆」編

カシュッ、と缶を開ける音に続き、大人の背丈に迫るほどの高さに積まれたコーヒー豆の山の間を、「コーヒー豆の中で、高級豆は、ほんのひと握りなんだって。」と言いながら、渡辺さんが歩いてきます。次にカメラに向かって、「コーヒーの世界も、大変だね」とつぶやきながら、缶を手にとってカメラを見つめる渡辺さん。そして、蒸気が立ち昇るコーヒー豆の背景の中に、『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』が回転しながら正面を向く動きにあわせて、「“金”、それは高級豆の証。ワンダ ゴールドブラック デビュー」というナレーションが入ります。最後は、渡辺さんを中心にした3人がカメラに向かって“金のブラック”と告げ、CMは終わります。

「トライアル」編

カシュッ、と缶を開ける音に続き、高く積まれたブラック缶コーヒーの壁を背後に、椅子に深く腰掛けたクールな姿の島崎さんが、「最近、新しいことしてますか?」とカメラ目線で問いかけてきます。そして、「一途もいいけど…」と島崎さんが言ったその瞬間、壁を成していた缶がガラガラと崩れ落ちます。椅子を回転させ、振り向いた『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』を持つ島崎さんが、「缶コーヒーくらい、新しいの試さない?」と、ちょっぴり挑戦的な言葉で語りかけます。そして、蒸気が立ち昇る高級豆の背景の中に、『ワンダ ゴールドブラック −金の無糖−』が回転しながら正面を向く動きにあわせて、「“金”、それは高級豆の証。ワンダ ゴールドブラック デビュー」というナレーションが入ります。最後は、島崎さんを中心にした3人がカメラに向かって“金のブラック”と告げ、CMは終わります。

撮影エピソード

◇どんなリクエストにも即座に応える大島さん

大島さんが出演する「メッセージ」編の撮影では、歩くシーンがあるため、撮影スタジオの中央に大きなルームランナーが据えられました。アップの髪型に、普段は着ないとおっしゃっていた黒のトレンチコート、ハイヒールというモードで上質な出で立ちでスタジオに入られました。撮影前に、「缶コーヒー」という一語のイントネーションについて、“コ”の部分を平たんに発音するべきか、少し上げて発音するべきか彼女から質問が投げかけられると、スタッフも「缶コーヒー?」、「いや、缶コーヒー、だよ」と口々に言い合いながら、和やかな空気が広がりました。しかし、いざ本番に入ると、さすがの集中力。大島さんはルームランナーのスピードに合わせ、カメラをまっすぐに見据えながら歩き始めます。監督からは「そこは挑戦的に」、「もうちょっと微笑みのニュアンスを足して」と難易度の高いオーダーが矢継ぎ早に飛びますが、そのどれをも、大島さんは正確にキャッチ。大島さんのさすがの女優魂が垣間見える撮影となりました。

◇いつものキュートな渡辺さんも、カメラが回ると、大人っぽい表情に

スタジオ入りした渡辺さんがまず驚いたのは、ゆうに1m以上はあろうかというコーヒー豆の山。「すごい!」と目を輝かせ、「本物なのかな……」とひと粒つまんでしげしげと見つめる渡辺さん。やがて決められた位置に立ち、カメラが回り出すぎりぎり寸前まで、渡辺さんは「コーヒー豆の中で、高級豆は、ほんのひと握りなんだって。」という台詞を何度も繰り返していました。そしてスタートの声がかかった瞬間、ほんわかとしたまゆゆから、キリッとした大人の女性へと早変わり。撮影後、監督からは「すごくよかった!」との言葉。思わず「わあ♪」と声をはずませた渡辺さんは、いつものまゆゆに戻っていました。

◇監督に「可愛かった!」と言わしめた“小悪魔ぱるる”

全身黒一色のスタイリッシュなコーディネートの島崎さん。そして、衣装の黒と、白い肌がコントラストを成し、魅力をさらに引き出しておりました。監督からは「小悪魔的に、カメラをまっすぐに見てください」とのオーダーが入ると、島崎さんは、目を細めてきょろきょろ。スタッフが「カメラは、ここでーす!」と示して笑わせる一幕も。笑顔を消したクールな表情から、少しやわらかな“ぱるるスマイル”まで、幾通りものカットが撮り重ねられ、最後のテイクでは監督が思わず「うん、今の、可愛かった!」とひと言。島崎さんの、屈託のない笑顔がはじけたところで、撮影終了となりました。

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.