会社情報

ニュースリリース 2012年

2012年5月17日
≪参考資料≫
飲料自動販売機の夏季節電対策について

アサヒ飲料株式会社


 アサヒ飲料株式会社は、夏季に懸念される電力の供給不足に対し、節電への協力が必要な地域・期間、夏季の電力需要の高まる時間帯において、自販機設置先様のご理解とご協力をいただき、飲料自動販売機(以下自販機)での節電対策を実施します。

 主には、屋内設置の自販機は引き続き24時間消灯を継続するとともに、LED照明搭載以外の屋外自販機については、照明に使う蛍光灯の数を減らして点灯することや最も電力消費の多い時間帯での冷却機能を停止などの節電対策も検討し、対応を行います。

 また、アサヒ飲料では、自販機における省エネ対策を推進しています。エネルギーを効率よく利用する省エネタイプのヒートポンプ式自販機、従来の蛍光灯と比較して電力使用量の少ないLED照明搭載の自販機などの導入を、積極的に推進しています。2012年度に、新規採用した自販機のほとんどに、ヒートポンプ式自販機及びLED照明搭載機を採用しています。現在、導入率は、ヒートポンプ式自販機は全体の約41%、LED照明搭載自販機は全体の約20%となっています。

 アサヒ飲料では、今後も自販機でのいっそうの省エネ対策を推進してまいります。また、必要な時に手軽に購入出来る利便性に加え、震災等の災害時において水分補給を担うライフラインとしての機能を果たす自販機を通じて、お客様に飲料水をご提供しながらも、今夏季の厳しい電力事情を鑑み、節電への協力が必要な地域・期間において、電力削減に協力してまいります。


もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.