会社情報

ニュースリリース 2011年

2011年10月17日

〜 いいこと、いつも[WONDA]から。 〜
『ワンダ ゼロマックスプレミアム』新TVCM放映のお知らせ
AKB48出演 最新作 「ワンダ ゼロマックス 缶コーヒーに負けた」編
10月18日(火)オンエア


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、10月18日(火)の『ワンダ ゼロマックスプレミアム』リニューアル発売に合わせ、国民的アイドルグループ「AKB48」を起用した新TVCM「ワンダ ゼロマックス 缶コーヒーに負けた」編を、全国でオンエアします。

 「ワンダ」ブランドは、2011年春、広告キャラクターに人気アイドルグループ「AKB48」を起用し、広告宣伝活動をはじめ、インターネット限定・消費者キャンペーン「WONDA×AKB48 ワンダフル ルーレット」キャンペーンなどの販促活動を展開、多くのお客様のご支持をいただきました。

 缶コーヒーの最盛期となる、2011年 秋冬に向けては、『ワンダ モーニングショット』を9月20日(火)から、『ワンダ 特製カフェオレ』を9月27日(火)から、『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を10月18日(火)から、『ワンダ 金の微糖』を11月8日(火)から、それぞれリニューアルして全国で発売するとともに、秋冬にあわせた新商品のご提案として『ワンダ プレーンカフェ』を9月13日(火)から全国で新発売するなど、お客様に新たな缶コーヒーの価値をご提案する新商品を継続的に発売してまいります。
 また、広告・販促については、引き続き、「AKB48」を起用し、この秋冬シーズンにおいても、TVCMをはじめ様々な媒体を活用した積極的な広告活動を展開してまいります。さらに、好評を博した春のキャンペーンに続く「消費者キャンペーン第2弾」の実施を予定しています。

 2011年1月〜9月の「ワンダ」ブランドの販売数量は前年比107%と大幅に売上を伸ばし好調に推移しています。

 「ワンダ」ブランドは、缶コーヒーへの注目が高まる秋冬シーズンに向け、新たな価値をご提案しつづけることで、缶コーヒーといえば「ワンダ」と、一人でも多くのお客様に選ばれるブランドになることを目指してまいります。

【TVCM概要】

TVCM名

「ワンダ ゼロマックス 缶コーヒーに負けた」編

放送日

2011年10月18日(火)

出演者

■AKB48 出演メンバー (五十音順)
大島優子(おおしまゆうこ)、高橋 みなみ(たかはしみなみ)、前田敦子(まえだあつこ)
■古田新太(ふるた あらた)
1965年12月3日生まれ(45歳)
劇団☆新感線の看板俳優として活躍中。舞台以外にも映画、テレビドラマ、バラエティなどにも出演しており、タレント、声優、ラジオパーソナリティとしても活躍。
また雑誌のコラムを手がけるなど、俳優の活動にこだわらず様々なジャンルで活躍中。

CMストーリー

CMの舞台は午後のオフィス。「午後はやる気でねぇ」とつぶやいている古田課長の姿を見たAKB48の前田さん、高橋さん、大島さんは、古田課長にやる気を出してもらおうと思い、それぞれの応援方法でトライします。「午後からも頑張りましょう。」天使のような微笑みの可憐系応援の前田さん、「頑張ろうぜ!」気合い溢れる情熱系応援の高橋さん、「頑張ってほし〜の」セクシーな誘惑系応援の大島さん。しかし、3人の応援に、全く無反応な古田課長。
そんな古田課長がおもむろに『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を飲むと、急に軽やかな表情になり、やる気がみなぎります。最後は、自分達の応援に無反応で『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を飲んでやる気が出たことに、悔しがるAKB48の皆さんでした。

撮影エピソード

今回の見どころは、AKB48の皆さんの個性あふれる応援です。
課長役の古田さんのみならず現場のスタッフまでも元気にしてくれました。
撮影の合間に、大島さんは「なんで私が誘惑系なんだろう?」と、自分のキャラクターと違う?というような言葉もありましたが、いざカメラの前に立つと、見事に誘惑系のニュアンスが入った応援をされ、古田さんのみならず周りのスタッフを含めた現場にやる気がみなぎったのでした。

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.