会社情報

ニュースリリース 2011年

2011年9月12日

紅茶ポリフェノールの脂質代謝および糖代謝への改善効果について
日本食品科学工学会 第58回大会で発表。


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、山形大学 農学部 生物資源学科(五十嵐 喜治 教授)との共同研究において、紅茶ポリフェノール含有飲料の脂質代謝および糖代謝への改善効果を確認しました。
 この研究結果は、9月9日(金)〜9月11日(日)に宮城県で開催される「日本食品科学工学会第58回大会」において、アサヒ飲料 商品開発研究所により発表されました。

【研究目的】
 本研究は、茶カテキンやウーロン茶重合ポリフェノールの機能性については、多数の研究事例が報告されているとともに、商品化され市場が形成されているのに比べ、緑茶・ウーロン茶同様、ポリフェノールを多く含む紅茶ポリフェノール含有飲料についての先行研究が少ないという現状を踏まえ、その機能性に関する知見の蓄積のために実施したものです。

【研究方法】
 本研究では、紅茶飲料の濁り防止に用いられる加工技術である「タンナーゼ処理」を施した紅茶ポリフェノール含有飲料とタンナーゼ処理を施さない紅茶ポリフェノール含有飲料を用い、マウス、ラットにおいてその機能性を考察しました。
【タンナーゼ処理とは】
紅茶ポリフェノールは、他の茶ポリフェノール同様、カフェインとポリフェノールが結合して不溶化することにより、紅茶のにごりの原因となります。「タンナーゼ処理」とは、酵素によりポリフェノールの結合を分解することで、カフェインと紅茶ポリフェノールが結合できなくすることでにごりを防止する技術です。

 「タンナーゼ処理」により紅茶ポリフェノールの分子構造が変化することで、身体への機能性が変化する可能性があることから、本研究では、タンナーゼ処理した紅茶ポリフェノール含有飲料とタンナーゼ処理していない紅茶ポリフェノール含有飲料の両ケースにおいて、その機能性を明らかにすることを試みたものです。

 「脂質代謝改善」については、セイロン紅茶の抽出液を「タンナーゼ処理した抽出液」を与えたマウス、「未処理の抽出液」を与えたマウス、抽出液を与えないマウスにおいて、高脂肪の太りやすい餌をあたえた際の血中の中性脂肪濃度と、長期間の食餌による内臓周辺脂肪の蓄積量および脂質代謝遺伝子の発現量を比較しました。
 「糖代謝改善」については、セイロン紅茶の抽出液を「タンナーゼ処理した抽出液」を与えたマウスまたはラット、「未処理の抽出液」を与えたマウスまたはラット、および抽出液を与えないマウスまたはラットにおいて、空腹時の血糖値・インスリン値および糖代謝遺伝子の発現量を比較しました。

【結果】
 「脂質代謝改善」については、食餌2時間後の血中中性脂肪の上昇および長期食餌後の内臓周囲脂肪の蓄積量について、抽出液を与えない区と比較してタンナーゼ処理した紅茶抽出液を与えつづけたマウスに有意に低下がみられました。また、脂質代謝関連遺伝子の抑制が確認されました。これらのことより、タンナーゼ処理した紅茶ポリフェノール含有飲料に肥満抑制に効果があることが示唆されました。

表:血漿TG(0hの値を0とした場合)
 ※CON(青):対照(抽出液を与えない)
 ※CBT1(黄):タンナーゼ処理なし紅茶
 ※CBT2(オレンジ):タンナーゼ処理した紅茶

 「糖代謝改善」については、高脂肪な餌を与え続けたマウスにおいて、空腹時の血糖値は、タンナーゼ処理に関わらず、抽出液を与えたマウスで有意に低下しました。
 インスリン分泌量については、抽出液を与えないマウスに比べ、タンナーゼ処理した紅茶抽出液を与えつづけたマウスに低下傾向がみられ、糖代謝関連遺伝子の抑制が確認されました。
 ラットにおいても同様の試験を行い、タンナーゼ処理した抽出液を与えたラットの空腹時血糖値が、抽出液を与えないラットと比べ低下しました。これらのことより、紅茶ポリフェノール含有飲料、特にタンナーゼ処理したものに糖代謝改善効果があることが示唆されました。

表:ラット飼育22日目の空腹時血糖値

 アサヒ飲料では、今後も、高品質で安全なおいしい商品のご提供を通じ、お客様の豊かで健康な食生活の実現に貢献すべく、研究開発に取り組んでまいります。

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.