会社情報

ニュースリリース 2011年

2011年3月10日

カフェインレス缶コーヒー 『ワンダ アイムフリー』新発売
0
高解像度画像はこちら

〜いいこと、いつも[WONDA]から〜
缶コーヒーの新提案、「カフェインレス缶コーヒー」
『ワンダ アイムフリー』
2011年4月5日(火)新発売


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、「ワンダ」ブランドより缶コーヒーの新ジャンル提案として、カフェインレス缶コーヒー『ワンダ アイムフリー ブラック ボトル缶190g』、『ワンダ アイムフリー ラテ ボトル缶190g』の2品を、4月5日(火)より、全国で新発売します。
※カフェインレスコーヒーとは、カフェインを90%以上除去したコーヒー豆のみを使用したものをいいます。

 「カフェインレスコーヒー」は「デカフェ(Decaf, decaffeinatedの略)」とも呼ばれ、カフェインを除去したコーヒーのことです。
 日本のコーヒー豆輸入量における「カフェインレスコーヒー」の割合は全体の0.3%程度となっており、まだまだ認知度が低く飲める場所(買える場所)も限られているのが現状です。しかしながら、お客様の健康志向の高まり、嗜好の変化を背景に「カフェインレス」という付加価値で支持を拡げ、2010年の輸入量は06年比で184%と増加傾向にあります。
※世界No.1のコーヒー消費国アメリカでは8%程度を占めます。

 「ワンダ」ブランドは、今後日本でも「カフェインレスコーヒー」の需要が拡大することを見込み、缶コーヒーの新提案として「カフェインレス缶コーヒー」を発売します。

 『ワンダ アイムフリー』は、「カフェインレス」の特長をいかし、就寝前のリラックスタイムやスポーツの後など、これまであまり缶コーヒーが飲用されていなかったシーンで缶コーヒーをお楽しみいただけるなど、新たな飲用シーンへの拡大を期待します。

 『ワンダ アイムフリー』は、香り高く風味豊かなアラビカ種の「カフェインレスコーヒー」を100%使用し、コーヒーの豊かな味わいを実現しました。
 また、『ワンダ アイムフリー ラテ』は、厳選された国産の良質な牛乳を中心にブレンドしたこだわりの乳素材で仕上げています。

 ネーミングは、商品特長の「カフェインレス」であること、「あらゆるシーンで飲用できる缶コーヒーの新スタイル」であることを“フリー”という言葉を使って表現しました。

 パッケージは、黒と白それぞれを基調にシンプルで上質感のあるデザインにより、あらゆるシーンで飲用できるという意味の「フリー」を表現しています。また、容器には、飲用シーンを限定しないリキャップ可能なボトル缶を採用しました。

 発売にあわせ、TVCMを中心とした積極的な広告・販促施策を展開し、商品の認知度向上とトライアルの喚起をはかります。

 「ワンダ」ブランドは、「いいこと、いつも[WONDA]から」をテーマに、本年も新しいご提案を展開してまいります。

【商品概要】

商品名

ワンダ アイムフリー ブラック ボトル缶190g

ワンダ アイムフリー ラテ ボトル缶190g

中味

コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)

乳飲料

容器

スチールボトル缶

外装

190g×30本入り ダンボールカートン

JANコード

45-14603-21511-3

45-14603-21521-2

希望小売価格

124円(消費税含まず)

発売日

2011年4月5日(火)

販売地域

全国

販売目標

2011年 「ワンダ」ブランド年間販売目標 3800万箱

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.