会社情報

ニュースリリース 2011年

2011年1月14日

〜いいこと、いつも[WONDA]から。〜
『ワンダ ゼロマックスプレミアム』新TVCM放映のお知らせ
「アタッシュケース」編
2011年1月17日(月)放映開始
市原 隼人さん、岸部 一徳さん出演


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、缶コーヒーの最盛期に合わせ「ワンダ」ブランドの主力商品の大々的な広告・販促活動を展開しています。

 広告については、唐沢 寿明さん、GACKTさん、市原 隼人さん、岸部 一徳さん、 戸田 恵梨香さんら豪華メンバーが出演する「ワンダフル商事」を舞台としたおなじみのTVCMを中心に、交通広告など様々なメディアを活用した積極的な広告活動を展開中です。

 今回放映する、糖類ゼロ缶コーヒー『ワンダ ゼロマックスプレミアム』の新TVCM「アタッシュケース」編は、市原 隼人さん、岸部 一徳さんが出演、「ブレンド缶コーヒーと変わらないおいしさ」にさらに磨きをかけたプレミアムな味わいを「ワンダ」ブランドらしくユニークに表現した内容となっています。

※栄養表示基準に基づき、糖類0.5g(100ml当たり)未満を糖類0(ゼロ)としています。

【TVCM概要】

TVCM名

「アタッシュケース」編

放送日

2011年1月17日(月)

CMストーリー

場所は、おなじみのワンダフル商事の豪華絢爛な副社長室。
テーブルの上には、「ワンダフル商事エジプト支店計画」の建築模型が置かれています。
エジプト勤務を打診され、とまどう市原さん。神妙な面持ちの岸部副社長が、「行ってくれるね」と、念を押します。しかし、市原さんは、不安気な様子で、自分には荷が重いと、二の足を踏んでいる様子。見かねた岸部副社長が、指を鳴らして合図をすると、秘書がアタッシュケースを運んできます。なんと中身は、まばゆいばかりの輝きを見せる『ワンダ ゼロマックスプレミアム』なのでした。
目の色を変える市原さんに対し、岸部副社長は、ダメ押しの一言と共に『ワンダ ゼロマックスプレミアム』をすすめます。ついには、『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を前におちてしまう市原さんなのでした。時を同じくして、秘書から計画中止の報告があり、あっさりと『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を回収してしまう、岸部副社長なのでした。

出演者

■市原 隼人 【1987年2月6日生まれ(23歳) 神奈川県出身】
昨年公開した映画「ROOKIES-卒業-」が2009年No.1興収に。今年公開の「猿ロックTHE MOVIE」「ボックス!」ではそれぞれ主演をつとめた。演技力にも拍車がかかり、いまや最も旬で注目される若手俳優の1人である。2010年、舞台「カーディガン」で、初舞台をふむ。

■岸部一徳 【1947年1月9日生まれ(63歳)京都府出身】
主演、助演問わず無類の存在感を発揮する実力派俳優。「ザ・タイガース」のリーダーとしてデビュー後、70年代半ばに俳優に転身し幅広い演技力で、数々のドラマや映画で活躍中。

撮影エピソード

今回のCMでは、副社長役の岸部さんが新人役の市原さんの心を『ワンダ ゼロマックスプレミアム』でつかんでしまうというストーリー展開になっています。
岸部さんが身にまとう装いは、『ワンダ ゼロマックスプレミアム』の商品カラーを使用し、「プ」の文字もあしらうなど、細部にもこだわってつくりました。市原さんには、エジプト勤務を打診されてとまどう様子、『ワンダ ゼロマックスプレミアム』を前にして驚く様子や、飲んだ後の至福の様子など、表情を絶妙に使い分けていただきました。
豪華絢爛な副社長室、岸部さんの黄金の装い、光り輝く『ワンダ ゼロマックスプレミアム』、CM全体を通してプレミアム感を強く訴求します。
ワンダフル商事らしいストーリーの中で、ツッコミどころ満載のCMに仕上がりました。

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.