会社情報

ニュースリリース 2009年

2009年3月2日

アサヒグループとオリオンビールが飲料事業でも提携
新合弁会社『アサヒオリオンカルピス飲料』設立
〜沖縄エリアの飲料事業拡大と自販機事業強化を目指す〜

アサヒ飲料株式会社
オリオンビール株式会社
 

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岡田正昭)とオリオンビール株式会社(本社 沖縄、社長 仲村文弘)は、沖縄地区での飲料事業拡大を図る目的で、合弁会社『アサヒオリオンカルピス飲料株式会社』を設立することでこの度合意しました。

 沖縄地区は亜熱帯に属すことから、年間を通して清涼飲料水に対する需要が高いことに加えまして、毎年居住者人口ならびに観光客数も増加しており、魅力的かつ成長が見込める市場となっております。

 そのような状況下、アサヒグループでは現在、アサヒビールの子会社「沖縄アサヒ販売株式会社」とアサヒ飲料とカルピス株式会社の合弁会社であるアサヒカルピスビバレッジ株式会社の子会社「沖縄カルピス販売株式会社」の2社を通してアサヒ飲料社の清涼飲料製品の販売を行っております。

 今般、アサヒグループは沖縄エリアにおける飲料事業を一本化するのと併せて、新たにオリオンビール社に参画を仰ぐことで、沖縄における飲料事業基盤強化を図ることとしました。

 アサヒビールとオリオンビールは、平成14年にビールを中心とした国内酒類事業における包括的な業務提携を締結しておりますが、今回の合弁会社設立により清涼飲料事業においても提携を行うこととなりました。

1.新会社設立のスキーム ※すべて本年4月1日付け
(1) 沖縄アサヒ販売の飲料事業部門を新会社の母体となる沖縄カルピス販売に事業譲渡
(2) 現在、沖縄カルピス販売の株式を100%保有しているアサヒカルピスビバレッジが、同社の株式のうち、51%をアサヒ飲料、20%をオリオンビールにそれぞれ譲渡
(3) 沖縄カルピス販売の商号を『アサヒオリオンカルピス飲料株式会社』に変更

2.新会社の概要
商 号:

アサヒオリオンカルピス飲料株式会社

本 社: 沖縄県浦添市
代表者: 代表取締役社長 清水晴彦
設立年月日:

2009年4月1日

資本金: 20百万円
  出資比率:
アサヒ飲料(株)51%、アサヒカルピスビバレッジ(株)29%、 オリオンビール(株)20%
事業内容: 清涼飲料水の販売
売上高: 約15億円
取扱い商品: アサヒ飲料社、カルピス社、オリオンビール社の清涼飲料水
※但し、カルピス社商品、オリオンビール社商品は自動販売機部門のみの取扱い
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.