会社情報

ニュースリリース 2007年

2007年9月21日

『ワンダ アフターショット』新TVCM
桑田 佳祐 氏 夢の共演 第2弾

「桑田+植木」篇 9月25日(火) 放映開始!

 アサヒ飲料株式会社(本店 東京、社長 岡田 正昭)は、食後の微糖缶コーヒー『ワンダ アフターショット』の一新にあわせ、桑田 佳祐氏出演の「ワンダ」ブランド第2弾TVCM「桑田+植木」篇を、9月25日(火)より全国で放映します。

 「ワンダ」ブランド第2弾TVCMの桑田氏の共演者は、日本を代表するコメディアン、故・植木 等氏。ここに日本を代表するトップアーティストとコメディアンの夢の共演が実現しました。

 CMの舞台は、昼下がりのデパートの屋上。食後にベンチでくつろぐ桑田氏。『アフターショット』をカシュと開けると、植木 等氏が登場します。突然の出来事に、驚きを隠せない桑田氏。そんな桑田氏を気にも留めず、植木氏は「よーし、一丁いくか!」の一声とともに陽気に走り出します。始めは訳も分からず植木氏の動きについて行こうとする桑田氏も、いつの間にか植木氏を追い越すほどに。午後のほがらかなひとときに、『アフターショット』を飲んで、気分よくリラックスというストーリーです。
 前回の「桑田+黒澤」篇に勝るとも劣らないインパクトのあるCMになっています。

楽曲には、桑田氏が「ワンダ」ブランドのために書き下ろした楽曲「NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜」を使用し、さらに話題性を高めてまいります。
 ※8月22日発売のシングル「風の詩を聴かせて」に収録

 この秋「ワンダ」ブランドは、ご好評いただいているTVCMを始め、桑田氏5年ぶりのソロツアー【WONDA presents 桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW】に協賛、さらに合計120名様をライブレポーターとしてご招待する『WONDA presents 桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 ライブレポーター大募集キャンペーン!!』の実施など、10周年を迎え新たな一歩を踏み出す「ワンダ」ブランドにふさわしいダイナミックな広告・販促施策を次々に展開してまいります。
【TVCM概要】

TVCM名

「桑田+植木」篇

放送開始日

2007年9月25日(火)

出演者

桑田 佳祐 氏、植木 等 氏

楽曲

「NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜」(作詞/作曲/編曲 桑田 佳祐)

撮影エピソード

◆桑田さんと植木さんの夢の共演!
今回のCMの見所は、なんといっても、植木さんが一声かけた後、植木さんにつられて桑田さんが一緒に踊るシーン。植木さんが踊っている映像は、「日本一のゴマすり男(1965)」(配給:東宝)に出演した時にクレージーキャッツの「元気でゆこう」という曲に合わせて踊っている映像なのですが、その踊りが、桑田さんのCMソング「NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜 」にピッタリ!CMソングに合わせて、楽しそうに、飛び跳ねたりするツーショットは、まさに、夢の共演です!

◆陽気で、真剣な撮影現場!
踊りのシーンが多い今回の撮影は、陽気で楽しげな現場。でも、植木さんの踊りのスピード、歩幅などに合わせるために、綿密な位置決め、リハーサルも繰り返され、スタッフの表情もその度に真剣そのもの。監督と真剣な表情で打合せをし、すべてのシーンで納得いくまで取り組む桑田さん。桑田さんらしい表情で、本当に楽しそうに踊っていただきました。出演2作目となる今回の撮影でも、妥協を許さない桑田さんの姿勢に、現場のテンションも最高潮!

◆夢の共演が実現!!
黒澤監督に続く第2弾では、日本を代表するコメディアンである植木さんとの共演を桑田さんご本人も企画の段階から望まれました。また、植木さんのご遺族の方には、植木さんが亡くなられた後、CM出演依頼なども殺到したとのことですが、企画に対して面白いとご賛同いただき、今回のアフターショットのCMでようやく実現したものです。(今回のCM出演が、亡くなられた後の初登場!)
日本を代表するコメディアンと、デビューから約30年間、日本の音楽業界を常にリードしてきた絶対的なカリスマ性で、誰からも親しまれる桑田さんとのツーショットは、まさに夢の共演です。


【桑田 佳祐 氏 プロフィール】

1978年6月25日にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。日本を代表するロックバンド「サザンオールスターズ」のリーダーであり、数々の記録と記憶に残るヒット作品を世に送り出し続けている。
2007年はソロとして活動し、第一弾シングル「明日晴れるかな」は、現在200万unitを超えるヒットを記録中。
8月22日には、「NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜」も収録された第二弾シングル「風の詩を聴かせて」をリリースし、オリコン初登場で第1位を獲得。また11月21日から大晦日まで全国6都市14公演のツアーが決定!!と、精力的な活動を続けている。
※CD販売枚数+ダウンロード数


【植木 等 氏 プロフィール】

1927年2月25日、三重県多気郡宮川字栗谷、浄土真宗常念寺住職、植木徹誠の三男として生まれる。
11歳で修業のため単身、東京・駒込の真浄寺へ。文京区原町・京北中学卒業。1944年、東洋大学専門学部入学。1947年、同大学文学部国漢科に進み1950年3月卒業。1946年歌手志望でブルームード・セクションのバンドボーイとなる。1947年1月NHK「お昼の軽音楽」で「ビロードの月」(作詞・藤浦洸、作曲・服部良一)を披露。クラブ・カサブランカ等で活躍し、その後デューク・オクテットに在籍。みずからのトリオ、ニュー・サウンズを結成するが、1954年シティ・スリッカーズに移籍。このころオペラの平山美智子からクラシックの発声を学ぶ。
1957年3月1日クレージーキャッツに参加。1959年には「おとなの漫画」(CX)で一躍茶の間の人気者に。1961年には「スーダラ節」の大ヒットで国民的スターとなる。東宝クレージー映画で一時代を築き、1975年「にぎにぎ」(東京・宝塚)舞台初主演、1977年「王将」(東京・宝塚)では坂田三吉を演じ、1979年「本日ただいま誕生」(新世映画社)など性格俳優としても好評を博す。1968年ブルーリボン大衆賞、1986年「新・喜びも悲しみも幾年月」(松竹)でキネマ旬報賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、毎日コンクール助演男優賞を受賞。
1993年は紫緩褒章を、1999年には勲四等旭日小綬章を受章。
1996年は14年振りに座長公演を行った。(明治座・中日劇場)
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.