会社情報

ニュースリリース 2004年

2004年04月08日

「プーアル茶のダイエット作用評価試験」学会発表について
アサヒ飲料(株)とアサヒビール(株)の共同研究

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 荻田 伍)が、アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田 弘一)と共同で研究を行った、「プーアル茶のダイエット作用評価試験」についての研究成果がまとまり、当社飲料研究所 石井 千広により2004年度日本農芸化学会(3月28日(日)〜31日(水)開催)において学会発表いたしました。
 今回の共同研究では、プーアル茶の脂肪吸収抑制効果を、マウスを使用した動物実験で検証し、消化管からの脂肪吸収抑制についての有効性を確認いたしました。また、減量後のリバウンド抑制効果について、同様にマウスを使用した動物実験で検証し、プーアル茶を含む試験群のリバウンド抑制効果に対する優位性が確認されました。

 お茶については、成人病予防など様々な効果が研究成果として報告されています。中でもウーロン茶・プーアル茶などの中国茶は、ダイエットに対する期待が高く、お客様から関心の高いお茶といわれております。
 そこで今回、ダイエット全般に関する要因のうち、脂肪の摂り過ぎを抑える“吸収抑制”とダイエットにより得られた体重減量効果を維持する“リバウンド抑制”に着目し、プーアル茶等の中国茶がこれらの要因に及ぼす影響を評価いたしました。

 脂肪吸収抑制効果についての研究では、24時間絶食後のマウスを5群に分け、プーアル茶・ジャスミン茶・ウーロン茶・混合茶(プーアル茶:ジャスミン茶を1:1でブレンドして使用)それぞれのお茶乾燥粉末10%懸濁液、また、比較対象として水を投与し、その直後に植物油を投与いたしました。採血は、植物油投与前、1時間後、2時間後、3時間後に行い、血液中の中性脂肪濃度を測定いたしました。

 その結果、プーアル茶群を含む茶粉末投与群は、水投与群と比較して、血液中の中性脂肪濃度の上昇が緩やかで、中でもプーアル茶については、中性脂肪抑制効果の指標の1つである(注1)曲線下面積が最小値となっており、本試験サンプルの中ではプーアル茶が最も血中中性脂肪上昇に対する抑制効果があることを確認いたしました。
(注1)中性脂肪値と測定時間の積であり、数値が小さいほど、中性脂肪上昇抑制効果が大きくなります。

 また、リバウンド抑制効果についての研究は、減量後に懸念される体重の再増加現象(リバウンド状態)を想定し、体重の再増加状態における茶成分投与時の影響を評価するという、過去に例のない試験系を設定し、評価を行いました。

 マウスを「通常食群」(正常体重を維持する群)と「高脂肪食群」(一度肥満状態とする群)とに分け、「通常食群」は92日間通常飼料にて飼育し、一方の「高脂肪食群」は、最初の56日間を高脂肪食で飼育し「肥満化期間」といたしました。その後、「高脂肪食群」については、57日目に体重が上位のマウス30匹を選抜して、標準カロリーの通常飼料のみを与えた「対照群」(リバウンド状態を想定した群)と、通常飼料にプーアル茶・ジャスミン茶・ウーロン茶・混合茶それぞれのお茶乾燥粉末0.5%を混ぜた「茶成分投与群」とに群分けを行い、「減量期間」として36日間飼育しました。飼育期間終了後、臓器重量などの評価もあわせて行いました。

 その結果、高脂肪飼料から通常飼料に切り替えた「対照群」では、体重が一時期「通常食群」を下回りましたが、その後体重は増加に転じ、20日目以降は、「通常食群」以上の体重となり「リバウンド様」の体重増加曲線を示しました。一方「茶成分投与群」は、飼料切り替え10日目までは「対照群」と同様の体重減少を示し、その後、「ジャスミン茶投与群」では体重増加に転じたものの、その他の茶成分お茶群は明確な体重増加が認められませんでした。中でも「プーアル茶投与群」の(注2)体重減少量は、茶成分投与群の中でも最も大きい結果であり、減量後の体重リバウンド抑制に効果のあるお茶であると考えられました。また、試験終了後、「プーアル茶投与群」と「混合茶群」の精巣周囲脂肪重量は、対照群に対して(注2)有意に低下しており、このことから体重リバウンド抑制効果には脂肪蓄積阻害効果の関連性も示唆されました。
(注2)対照群に対して5%有意。

 アサヒグループでは、今回のプーアル茶をはじめ、多様な天然食品素材のもつ健康機能を研究・解明するとともに、機能性食品素材としての応用をさらに進め、食を通じた健康増進に寄与していきたいと考えています。
 今後もアサヒ飲料(株)では、今回のような研究成果を含め、飲食を通じてお客様満足につながる情報を積極的に提供してまいります。

 
もどる
のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.