会社情報

ニュースリリース 2002年

2002年12月19日
専用の缶コーヒー「ワンダ モーニングショット」絶好調!
年内の販売目標400万箱を突破
本数に換算すると約1億2,000万本
日本人全員が1人1本ずつ飲んだ量に相当!
02年缶コーヒー市場の中でトップクラスのヒット商品!!


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 植松 摧)が、本年10月2日(水)に全国で発売した朝専用の缶コーヒー「ワンダモーニングショット」は、発売後一週間で年間予算の4分の1となる100万箱を突破、その後勢い衰えることなく、お蔭様で12月19日(木)、本年の販売目標である400万箱(1箱30本換算で約1億2,000万本)を突破しました。およそ日本人全員が1人一本ずつ飲んだ量に相当します。(注)本年、最終的には450万箱、予算比112%を見込んでいます。
(注)日本人の人口は1億2,599万人(平成14年7月1日現在)総務省統計データによる

 本年の業界コーヒーカテゴリーは上期が前年比98%、下期見込みが99%とほぼ横ばいで推移している中、当社コーヒーカテゴリーは「ワンダモーニングショット」発売以降、前年同月比で10月が136%、11月は143%と大変好調に推移しています。

 「ワンダ モーニングショット」は、商品・広告宣伝・販売促進(注)の全てを「朝」というコンセプトに集中して効果的に展開することにより、発売以来、自動販売機部門・手売り部門ともに好調な売上で推移しています。
 自動販売機部門に関しては、当社直販部門自販機の定点観測の結果、「ワンダ モーニングショット」を含めたコーヒー全体の売上はモーニングショット発売前に比べ130%という高い伸びを示しています。
 また手売り部門では、当社コーヒーカテゴリーのコンビニエンスストアチャネルでの売上は、「ワンダ モーニングショット」発売後、前年比200%を超える箱数を売り上げました。
(注)「ワンダ モーニングショット」は、今までになかった時間軸をコンセプトに開発された缶コーヒーです。「朝」に飲用シーンを絞り、朝の気つけの一杯にふさわしいすっきりした飲み口を実現しました。
 同時に販売促進活動においても、「グッドモーニング作戦」と銘打ち、全国各地で朝の街頭サンプリング活動をはじめとした100万人規模のサンプリングを実施するなど、全社を挙げて「朝」に特化した販売促進活動を展開してまいりました。
 また、広告宣伝活動でも、テレビCMをはじめ、新聞・雑誌・交通広告・ラジオ・インターネットなどあらゆるメディアを活用し「朝」にこだわった広告展開をしてまいりました。現在は所ジョージさんを起用し「朝」というコンセプトを全面に押し出したCMがお客様にご好評いただいております。

 アサヒ飲料(株)では来年度も引き続き、お客様満足を実現するため既存の枠にとらわれない斬新な商品の開発を目標に「ワンダ モーニングショット」に見られるような、オリジナリティ溢れる商品開発を進めてまいります。

もどる
のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.