カラダバランスセミナー

自分のカラダとココロに向き合うひととき

人が本来もつ“カラダもココロも健やかであろう”とするチカラ。
東洋健康思想の考え方をひもときながら、私たちがもつ“健やかであろうとするチカラ”をひきだし、よりイキイキと楽しい毎日を送るための気づきをお伝えするセミナーです。

カラダとココロへの思いやり
なぜバランスなの? そのルーツ
リフレッシュ&リラックス カラダバランスセミナー

カラダとココロへの思いやり

イキイキとかがやいた毎日をすごすために大切なのは、
カラダとココロのバランス。
ふだんのくらしにちょっぴりカラダを動かす時間を取りいれてみたり、
なにげない毎日のなかに小さな楽しみや喜びを見つけてみたり。
ありのままの自分を受けいれて、今の状態に感謝する・・・
日々のくらしから、カラダとココロの健やかさを楽しむあなたを、
十六茶は応援しています。

カラダ ココロ 健やかさ

東洋健康思想ってなに?

中国では2千年以上前からカラダとココロのバランスを整える
「東洋健康思想」という考え方が根付いていました。
東洋健康思想で大切にされているのは、
人それぞれにあった方法で健康に向き合う、オーダーメイドという考え方。
その考えは食文化にもつながり、
健康素材をブレンドしたお茶が古くから親しまれていました。

東洋健康思想をヒントに十六茶はうまれました。

リフレッシュ&リラックスカラダバランスセミナー

自分のカラダとココロに向き合い、耳を傾けるひととき。
セミナーのテーマはリフレッシュ&リラックス。
すこしカラダを動かす時間も取り入れながら、
ゆったりと自分時間をつくるお手伝いをしています。
セミナーでは、東洋健康思想の考え方をひもときながら、
イキイキと輝いた毎日を過ごすためのヒントをお伝えしていきます。
こちらではセミナーの魅力を知っていただくために、
その内容をダイジェストでご紹介します。

セミナー内容

カラダバランスセミナーでは4つのステップに分けて、
カラダとココロのバランスを整えるコツをお伝えしていきます。

イキイキと過ごすために
大切なこと

あなたが感じるイキイキとしている人はどんな人ですか。
いつも笑顔があふれている人、どんなことでもポジティブに楽しんでいる人・・・
共通していえることは、カラダとココロのバランスをうまく取っている人ではないでしょうか。
ちょっと疲れた自分から、イキイキと輝いた自分へ。
その一歩は、カラダとココロのバランスに目を向けてみることから始まります。

「カラダをケアする」って
どういうこと?

季節や体調によって、変化する私たちのカラダ。
病気というほどではないけれど、なんだか前向きになれなかったり、自信をもって健康とはいえない・・・そんな誰でも一度は感じたことがある状態。
それは、実はカラダからのサインかもしれません。
東洋健康思想では、その状態を「未病」とよんでいます。
そして大切なのは、不調があらわれたタイミングで「カラダをケアしていく」ということ。
カラダから送られてきたサインをきちんと受けとめて、自分に向き合っていきましょう。

健やかな毎日をすごすため
のポイント

日常のなかに、イキイキと健やかな毎日を過ごすための習慣をどのように取り入れていったらよいのでしょうか。
簡単に無理なく心地よく続けられる方法をいくつかご紹介します。
また、私たちのカラダをつくる食にも目をむけ、食材ひとつひとつの意味について考え、学んでいきます。

リフレッシュ&リラックスタイム
のつくりかた

カラダとココロをやわらかくほぐすには、リフレッシュやリラックスが大切です。
セミナーでは、その方法のひとつとして、ふだんの生活に取り入れられる簡単なストレッチを紹介し、皆さんといっしょに体験していきます。
ストレッチは気軽に取り組むことができ、すこしの時間でもカラダがほぐれ、ココロのリラックスにもつながります。
ふだん緊張しているカラダとココロを、やわらかくほぐしてあげましょう。

セミナーレポート

「十六茶」をつくっている富士山工場や、小学校・幼稚園などPTAの集まり、そして地域のコミュニティスペースなどで「カラダバランスセミナー」を開催しています。

レポートのくわしい内容はコチラ

カラダバランスセミナー お申し込み

「カラダバランスセミナー」
@富士山工場

「カラダバランスセミナー」と「十六茶」をつくっている富士山工場見学がセットでお楽しみいただけるコースです。

現在、満席となっております。

無料出張セミナー

小学校・幼稚園PTAや地域の集まりのほか、自治体の公共施設などにお伺いし、開催する セミナーです。お問い合わせは、弊社お客様相談室までご連絡ください。

  • ※お申し込みは、自治体・PTA・地域の集まりなどグループでの申し込みに限らせていただきます。
  • ※最少催行人数は15名となります。
  • ※会場のご準備をお願いしております。
お問い合わせはコチラ