WILKINSON'S STORIES

守り抜かれた、その秘密。

発売から今日まで、
愛され続けるウィルキンソン。
そのおいしさの秘密を大公開。

STORY 1

ウィルキンソン タンサン

「ウィルキンソン タンサン」は山中の炭酸鉱泉からはじまった

「ウィルキンソン タンサン」は山中の炭酸鉱泉からはじまった

1889(明治22)年ころ、英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンは、狩猟に行った宝塚の山中で炭酸鉱泉を発見しました。
この鉱泉水をイギリスに送り分析したところ、世界の名鉱泉と肩を並べる良質な食卓用ミネラルウォーターとの結果を得られました。そこでウィルキンソンは生国から最新の設備を取り寄せ、1890(明治23)年に「仁王印ウォーター」の名で販売を開始しました。
その後1904(明治37)年、仁王印ウォーターは「ウヰルキンソン タンサン」と名を変え、国内はもとより海外27カ所で販売されるようになります。

タンサンが日本で飲まれるようになった理由

ヨーロッパでは良質の飲料水が得にくいことから、瓶詰めのミネラルウォーターが食卓水として珍重されていました。
明治政府も海外からの賓客をもてなすため、国産の良質な食卓水を求めていました。
兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬で採取され、ウィルキンソンが製造販売を始めた「タンサン」は、政府の要望を満たす製品だったのです。

タンサンが日本で飲まれるようになった理由

「タンサン」の名は、ウィルキンソンの商品名から

発泡性の炭酸水は、海外では「ソーダ」と呼ばれています。これが日本で「タンサン」と呼ばれるのは、ウィルキンソンの商標が一般化したものです。
「タンサン」の名は、ウィルキンソンが当時の英国領事に相談して決めたといわれています。領事は神戸に長く駐在し、日本の習慣にも明るかった人物。タンサンというネーミングは広く親しまれるようになり、いつの間にか一般名詞のように使われるようになりました。

「タンサン」の名は、ウィルキンソンの商品名から
ウィルキンソン タンサン

STORY 2

ウィルキンソン ジンジャエール

英国生まれのジンジャエール

ジンジャエールは古くからイギリスで飲まれていたジンジャービアの代用品として開発されたノンアルコール飲料にルーツを辿ることができます。現在はジンジャー(ショウガ)の根茎を乾燥させ、そこから抽出したエキスをベースとする炭酸飲料の名称として知られています。

英国生まれのジンジャエール

ジンジャエールとドライジンジャエールの違い

大正時代に発売された「ウィルキンソン ジンジャエール」は、辛味の強いハードな味わいが特徴です。クリフォード・ウィルキンソンの故郷であるイギリスの正統レシピをベースとしています。一方昭和に入って発売された「ウィルキンソン ドライジンジャエール」は、アメリカで1920年代に大流行したジンジャエールのレシピに則ったソフトな味わいの製品です。

ジンジャエールとドライジンジャエールの違い

辛くないのに「ドライ」と呼ばれる理由

「ドライジンジャエール」の「ドライ」には「さっぱり、さわやか」といった意味があります。「辛口」を指す言葉ではありません。ドライジンジャエールが発売された頃、アメリカでは柔らかなフルーティタイプの飲料が流行りはじめました。これを「ドライ」と呼んでいたのです。3代目社長 H.C.W.Price はアメリカ留学の折に出会ったドライタイプのドリンクをイメージして「ドライジンジャエール」のレシピを完成させました。

「ジンジャエール」「ドライジンジャエール」に合うカクテルは

どちらも同じカクテルに使われます。どちらを使うかは作り手の好みや、どんな風味を出したいかによって使い分けられます。ジンジャエールを使ったカクテルにはモスコミュール、ワインクーラー、ジンバック、シャンディガフ、サラトガクーラー、ホーセズネック、シャーリーテンプル、ボストンクーラー、ブランデージンジャエールなどがあります。

「ジンジャエール」「ドライジンジャエール」に合うカクテルは
ウィルキンソン ジンジャエール

STORY 3

ウィルキンソントニック

「トニック」が意味するところ

トーン(Tone:音・調子)と同じ語源を持つトニック(Tonic)。どちらもギリシャ語のトノス(Tonos:緊張)からきた言葉で、健康的、強壮的という意味があります。トニックウォーターはイギリス生まれ。ほろ苦さと爽やかさを併せ持った、無色透明の炭酸飲料です。

「ウィルキンソン トニック」風味のもとは

トニックウォーター独特の苦味と香りは、植物由来のものです。「ウィルキンソン トニック」では「ニガキ」という樹木の皮と、柑橘系の果実から抽出した苦味成分を香料として使っています。

「ウィルキンソン トニック」風味のもとは

「ウィルキンソン トニック」の旨い飲み方

ストレートで清涼飲料としてお飲みいただけます。またすっきりとした苦味と酸味はスピリッツとの相性抜群、さまざまなカクテルのミキサーとしても利用されています。有名なジントニックを筆頭に、ウォッカトニックや、テキーラトニックなど。またガリアーノトニック、チャイナブルーなどリキュールベースのカクテルや、ソルクバーノ、スプモーニなど、爽やかな味わいのカクテルにもよく使われています。

「ウィルキンソン トニック」の旨い飲み方
ウィルキンソントニック