腸内環境を良好に保つ イソマルトオリゴ糖とは? イソマルトオリゴ糖とは、腸内のビフィズス菌を育ててくれる働きのあるオリゴ糖のことなんです。 清酒、味噌、醤油やはちみつなどにも含まれている、安全性の高い糖質なんですよ。

ビフィズス菌ってなに? 腸の中には100種類近くの細菌がいます。そのうち体に良い菌が善玉菌、悪い菌が悪玉菌と分類されています。ビフィズス菌は善玉菌のひとつ。ほかにも乳酸菌が善玉菌になります。

ビフィズス菌の少ない腸 腸内の腐敗が進む 有害物質が過剰に生産される 下痢や便秘になりやすい/ビフィズス菌の多い腸 悪玉菌の力を弱める 食べ物の消化・吸収を促進する 病気に対する抵抗力をつける働きをする

イソマルトオリゴ糖は、ビフィズス菌の栄養になります。

TOPへ戻る