環境トピックス

自然の恵みの大切さを多くの人に知っていただくため、アサヒ飲料では子どもから大人まで幅広い方々に向けて環境啓発活動を行っています。また、社員の環境への意識醸成のため、さまざまな環境教育を行っています。

2016年の活動開閉ボタン

「環境リスクマネジメントセミナー」の開催社員教育

「環境リスクマネジメントセミナー」の開催 「環境リスクマネジメントセミナー」の開催

2016年11月28日にアサヒグループ合同で「環境リスクマネジメントセミナー」を開催しました。
当日はグループ会社含めた総勢約110名、アサヒ飲料グループからは33名の社員が参加し、廃棄物リスクの事例や廃棄物管理の法と実務についての講義やワークショップ、またセミナーの最後には検定試験を実施し、廃棄物管理の理解促進を図りました。

「こうべ森の文化祭2016」へ参加啓発活動

「こうべ森の文化祭2016」へ参加 「こうべ森の文化祭2016」へ参加

2016年10月30日に神戸市にある再度公園内で開催された「こうべ森の文化祭2016」に参加しました。
この活動は「大人も子どもも、森の遊びから森を学ぼう!」をテーマとした「市民参加の森づくり」事業として実施されており、当社もこの活動を支援しています。当日は、間伐材の丸太切り体験や自然への理解を深める環境ワークショップなど行い、自然の素晴らしさや森の大切さを感じていただける1日となりました。

「親と子の自然教室 in アサヒの森」を開催啓発活動

「親と子の自然教室 in アサヒの森」を開催 「親と子の自然教室 in アサヒの森」を開催

2016年10月1日に生活協同組合ひろしま様主催イベント「親と子の自然教室 in アサヒの森」が開催されました。
当日は親子約30名のお客様が参加され、森林の散策や丸太切り・薪割り・木工工作などを親子で体験し、自然の中で森の機能や森の大切さについて楽しく学びました。

「ISO14001 推進担当者会議」の開催社員教育

「ISO14001 推進担当者会議」の開催 「ISO14001 推進担当者会議」の開催

2016年8月17日に本社、18日に支社の「ISO14001 推進担当者会議」を実施しました。
本社担当者会議では「自部署独自の取り組み」についてのグループワークを実施。また、支社担当者会議では各支社での活動報告や活動提案のグループワークを行い、全国から集まった参加者全員で、他事業場で取り組んでいる良い点や課題を共有しました。
アサヒ飲料では、環境課題に対し今後もPDCAサイクルを回して継続的改善を図っていきます。

「こうべ森の小学校・森のようちえん」の開催啓発活動

こうべ森の小学校・森のようちえん こうべ森の小学校・森のようちえん

2016年3月27日に神戸市にある再度公園内で「こうべ森の小学校・森のようちえん」が開催されました。
「森のエネルギー」をテーマとした今回は親子約80名が参加し、ピザづくりに挑戦。小学生を対象とした「森の小学校」ではピザづくりだけでなくピザ焼きの燃料となる薪探しや段ボールを使ったオーブンづくりなどを体験し、森での遊びや自然を五感で感じる1日となりました。

  • ページトップへ
2015年の活動開閉ボタン

「こうべ森の文化祭2015」への参加啓発活動

こうべ森の文化祭2015 こうべ森の文化祭2015

2015年10月31日に神戸市にある再度公園内で開催された「こうべ森の文化祭2015」に参加しました。
アサヒ飲料では、「アサヒ おいしい水 六甲」を製造している六甲工場がある兵庫県神戸市が推進するこの活動に、六甲山の保全活動の一環として継続的に支援を行っており、当社が支援している「こうべ森の小学校」では草木染めや環境ワークショップのプログラムを実施しました。

「アサヒの森」で社員向け環境活動を実施社員教育

アサヒの森 アサヒの森

2015年10月31日〜11月1日の2日間、広島県庄原市にあるアサヒビール社有林「アサヒの森」にて新入社員への環境教育活動を実施しました。
この活動は2013年から毎年継続して実施しており、開催3回目となる2015年は、全国から23名が集まり、森林散策や薪割体験、講義などを通じてアサヒグループで取り組む環境保全活動についての理解を深めました。

「アサヒ 森の子塾2015」を開催啓発活動

アサヒ 森の子塾2015 アサヒ 森の子塾2015

2015年9月25日に広島県甲野村山を会場に「アサヒ 森の子塾2015」を開催しました。「アサヒ 森の子塾」はアサヒビール(株)が、2006年から近隣の小学生を対象に実施している活動で、当社も継続して活動を支援しています。当日は地元の小学生約60名が参加し、森林環境教育プログラムやろ過装置を使った実験を通じて森林の水源涵養機能や環境保全の大切さを学びました。

「暮らしの包装商品展2015」にグループ共同出展啓発活動

暮らしの包装商品展2015 暮らしの包装商品展2015

アサヒ飲料は、2015年9月11日〜13日に「ららぽーと TOKYO-BAY」で開催された「暮らしの包装商品展2015」にグループ共同出展しました。この展示会は容器包装の役割と重要性、最新技術を幅広く普及・解説することを目的として開催され、当社は植物由来の原料を使用したPETボトルやラベル、リサイクルしやすい包装・容器などの環境負荷低減の取り組みを紹介しました。
また、「日本パッケージングコンテスト2015」で飲料包装部門賞に選ばれた「氷点下飲料商品の提供システム〜マイナス5℃専用冷蔵庫〜」がグッドパッケージングコーナーで展示されました。

「アサヒなるほど自販機」イベントを開催啓発活動

アサヒなるほど自販機

2015年7月25日〜27日の3日間、アサヒビール 北海道工場にて、当社北海道支社主催の「アサヒなるほど自販機」イベントを実施し、総勢409名のお客様が来場されました。
当日は、実際の自動販売機を用いて、飲料を保管する貯蔵庫・取り出し口・加温冷却器などの仕組みや、ヒートポンプ・真空断熱材などの省エネの取り組み、また、自動販売機の社会貢献についても紹介。スケルトン機材での解説やオリジナルクイズの出題など楽しみながら自動販売機に興味をもち、より身近な存在になっていただけるイベントとなりました。

「富士山エコプロジェクト2015」植樹活動の実施社員教育

富士山エコプロジェクト2015 富士山エコプロジェクト2015

アサヒ飲料では、社内環境啓発活動の一環として「富士山エコプロジェクト」と称し、2010年より富士山工場の採水地でもある富士山にて植樹活動を実施しています。開催5回目となる2015年は、7月25〜26日に実施し、全国から約50名の社員が集まりました。当日は準備作業から実際に苗を植える工程までを行い、また、これまでに植樹した場所に緑が増えていることも確認するなど、活動が実を結んでいることも実感することができました。

富士山工場「親子で遊ぼう!水の教室♪」イベントを実施啓発活動

親子で遊ぼう!水の教室♪

アサヒ飲料 富士山工場では、2015年7月18日〜8月29日の毎週土曜日(※ 8/15、8/22除く。)に、夏休み特別イベント「親子で学ぼう!水の教室♪」を開催しました。「富士山から、地球の水を考えよう!」と題し、通常の工場見学のあとに地球の貴重な資源である「水」についてゲームを通じて楽しく学べるイベントを開催し、期間中は総勢約250名の親子が参加されました。

アサヒグループ環境会議の実施社員教育

アサヒグループ環境会議

アサヒグループではアサヒグループホールディングスCSR部門が事務局となり「グループ環境会議」を組織し、 アサヒグループの環境中期計画の策定や環境活動の進捗確認・評価を行っています。定期的に各事業会社の環境担当者が集まり、成功事例を共有するなど、各社の活動をアサヒグループ全体に水平展開しています。

「第22回 富士山麓ブナ林創造事業」への参加社員教育

第22回 富士山麓ブナ林創造事業 第22回 富士山麓ブナ林創造事業

2015年4月29日にアサヒ飲料 富士山工場の採水地でもある富士山麓で実施された富士市主催ブナ林創造事業へ今年も参加し、関連会社含めた20名で合計108本の植樹を行いました。1994年に始まり今年で22回目を迎えたこの活動は、貴重な自然を適正に保全・創造し、後世に継続していくことを目的に毎年開催されています。
植栽地へ向かう山道には草木も多く、さわやかな春風にふかれ自然と触れあう貴重な時間を過ごすことができました。

「ISO14001」統合認証取得に向けたキックオフミーティング開催社員教育

キックオフミーティング

アサヒ飲料では、これまで各工場ごとに環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得し、また、本社・営業拠点ではアサヒ飲料独自の環境マネジメントシステムAsahi Wayを展開して、環境活動を推進してきました。2015年2月25日に「ISO14001」の統合認証取得に向けた「推進担当者キックオフミーティング」を開催し、ISO規格の意義や目的の共有を図るとともに、事務局と推進担当者の役割や今後の取り組みについて、全国から集まった参加者全員で確認しました。

  • ページトップへ
2014年の活動開閉ボタン

環境リスクマネジメント研修の実施社員教育

環境リスクマネジメント研修

2014年12月18日にアサヒグループ合同で「環境リスクマネジメント研修(廃棄物編)」を実施しました。
当日は、「廃棄物リスク」の事例から「廃棄物管理の法と実務」の基礎知識習得、また具体的な問題事例によるケーススタディや廃棄物管理者検定を行い、理解促進を図りました。

「こうべ森の文化祭2014」への参加啓発活動

こうべ森の文化祭2014 こうべ森の文化祭2014

2014年11月2日、六甲山の魅力を伝える活動をする人々が集まって、「こうべ森の文化祭2014」が開催され、当社は飲料水のブースを出展しました。
この活動は「大人も子どもも、森の遊びから森を学ぼう!」をテーマとした「市民参加の森づくり」事業として実施されており、アサヒ飲料では、「アサヒ おいしい水 六甲」を製造している六甲工場がある兵庫県神戸市が推進するこの活動に、六甲山の保全活動の一環として支援を行っています。

「アサヒの森」にて社員向け環境教育の実施社員教育

社員向け環境教育 社員向け環境教育

アサヒ飲料では2014年11月1日に広島県庄原市のアサヒビール社有林「アサヒの森」にて社員へのCSR・環境活動についての理解促進を目的に環境教育活動を実施しました。全国から集まった社員16名は、講義だけでなく、実際の森林散策や枝打ち体験を通して環境活動への理解を深めていました。

「アサヒ 森の子塾2014」を開催啓発活動

アサヒの森 森の子塾2014 アサヒの森 森の子塾2014

2006年から甲野村山を会場に、近隣の小学生を対象とした「アサヒ 森の子塾」をアサヒビール(株)では開催しており、当社も支援しています。この活動では森の中での体験を通じて、森林保全と林業の仕組みや、地球温暖化問題、環境保全の大切さなどを伝えています。
2014年10月3日に開催された「アサヒ 森の子塾2014」では当社社員による「水の話」の中で、ろ過装置を使った実験も行い、森林の水源涵養機能を体感しました。

「富士山の草原性植生保全活動体験」へ参加社員教育

富士山の草原性植生保全活動体験 富士山の草原性植生保全活動体験

朝霧高原にある根原県有地は、近年、人との関わりが減少したことやシカの食害等により草原の生物多様性の形態が失われつつあります。
アサヒ飲料 富士山工場では、2014年9月27日に静岡県・富士宮市・ふじさんネットワークが主催する「草原性植生保全活動」に参加し、草刈やシカ防護柵設置等の体験を通じて地域の環境保全活動に協力しました。

「アサヒの森 自然学園」に共同参画啓発活動

アサヒの森 自然学園 アサヒの森 自然学園

アサヒビール(株)では2011年から子どもたちとその保護者の方々を全国から招き、「野外での森林教育を通じて環境の大切さを学び親子の絆を深めていただく」機会を提供しており、当社もアサヒグループとして参加しています。
2014年7月26日に開催した第6回目では、応募者の中から抽選で当選された13組の親子が参加し、森の大切さを体験する充実した1日を全員で過ごしました。

「富士山エコプロジェクト2014」植樹活動の実施社員教育

富士山エコプロジェクト2014 富士山エコプロジェクト2014

アサヒ飲料では社内環境啓発活動の一環として「富士山エコプロジェクト」と称し、2014年7月12日〜13日に富士山工場の採水地でもある富士山にて植樹活動を実施しました。
当日は、全国から当社社員64名が参加し、竹の切り出しや苗・有機肥料の準備作業から実際の植樹までを行い、富士山の豊かな自然の中での活動を通じて、職種や年齢を超えた社内交流や、環境意識醸成につながる有意義な取り組みとなりました。

「第21回 富士山麓ブナ林創造事業」への参加社員教育

第21回 富士山麓ブナ林創造事業

アサヒ飲料 富士山工場の採水地でもある富士山麓において、富士市により貴重な自然を適正に保全・創造し、後世に継続していくことを目的に毎年開催されている「第21回 富士山麓ブナ林創造事業」が2014年4月29日に行われ、富士山工場から社員の家族も含め活動に参加しました。
当日は、小雨ではありましたが全体で2,400本の苗木が植えられ、植林活動以外にも、季節の木々にも囲まれ自然観察も楽しめる一日でした。

新入社員研修の実施社員教育

新入社員研修

2014年4月に入社した28名の新入社員に、アサヒ飲料の環境の取り組みについての研修を実施し、環境意識の醸成を図りました。
新入社員は、活発に発言し積極的に参加していました。

横浜市地下鉄「春休みエコイベント」を実施啓発活動

春休みエコイベント
色紙を使った「サクラの花」
春休みエコイベント
オリジナルエコバッグを作る子どもたち

アサヒ飲料は、横浜市交通局と共同で2014年3月29日に横浜市営地下鉄グリーンライン「センター南駅」イベントコーナーにて「自然・環境を守るためにできること」をテーマに、三ツ矢の日(3月28日)に連動させた「春休みエコイベント」を実施しました。当日は、参加予定数の200名を大きく上回る、約300名の方が参加し、「オリジナルエコバッグ作り」や色紙を使った「サクラの花」を作成するなど、楽しいひとときを過ごしました。

工場見学では「環境授業」を実施啓発活動

工場見学

アサヒ飲料 明石工場では、小学校団体を対象(主に3年生・5年生)として、環境授業を実施しています。PETボトルのリサイクルの流れや、ごみを減らすための3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進など、地球に優しい環境活動をクイズ形式で紹介しています。

  • ページトップへ
2013年以前の活動開閉ボタン

「こうべ森の文化祭2013」への参加啓発活動

こうべ森の文化祭2013

アサヒ飲料は、2013年11月4日に神戸市立森林植物園で開催された「こうべ森の文化祭2013」に参加。2013年は「ひょうご森のまつり」と共同で開催され、「バヤリース オレンジ」や「三ツ矢サイダー」等の飲料の提供を行い、たくさんの方に飲用いただきました。当社は「こうべ森の小学校」の活動を支援しています。

「PACK SHOW 2013の暮らしの包装商品展」にグループ共同出展啓発活動

PACK SHOW 2013の暮らしの包装商品展

アサヒ飲料は、2013年10月1日〜3日までの3日間、東京都立産業貿易センターで開催された「PACK SHOW 2013 暮らしの包装商品展」にグループ共同出展しました。この展示会は容器包装の役割と重要性、最新技術を幅広く普及・解説することを目的としたもので、当社は主に「らくエコボトル」、「ハンディ・エコボトルおよびお茶増量ボトル」を展示して、容器包装の環境負荷低減の取り組みとお客様にとって使い勝手の良い容器包装の開発を紹介しました。また「日本パッケージングコンテスト2013」で飲料包装部門賞に選ばれた「三ツ矢サイダー PET500mL(手売り用)」がグッドパッケージングコーナーで紹介されました。

「異業種環境セミナー」に講師として参加社員教育

異業種環境セミナー

2013年9月4日に企業の環境活動推進を目的に東京商工会議所およびアミタ(株)が主催する環境セミナーに、当社品質保証部 環境グループの小牧が講師として参加しました。当日は「社員を巻き込むエコ活動の推進方法とは?」をテーマに、当社の事例紹介や、企業や業界の枠を越えたワークショップを実施。事例紹介では、各企業の関心を集めていました。異業種を含めた42社、46名が参加し、参加者の方々は熱心に講義を受けていました。

アサヒ飲料グループで「容器包装リサイクル法に関する勉強会」を開催社員教育

容器包装リサイクル法に関する勉強会

アサヒ飲料では、2013年8月27日にアサヒグループの飲料事業会社である(株)エルビー、カルピス(株)とともに「容器包装リサイクル法に関する勉強会」をエルビー 蓮田工場にて行いました。当日は「再商品化(リサイクル)委託契約業務に関しての効率アップ」をテーマに、各企業が抱える課題点を共有することで解決策も見出され、また、法改正に対する課題共有も行われるなど有意義な勉強会となりました。

「エコプロダクツ展」にグループ共同出展啓発活動

エコプロダクツ展
大勢の小学生でにぎわう当社ブース

2012年12月13日〜15日に東京ビックサイトで行われた「エコプロダクツ展」に、アサヒグループ企業として共同出展しました。つぶしやすく、丸めやすい「らくエコボトル」を体験いただくなど、アサヒ飲料の環境への取り組みを多くの来場者の方にご覧いただきました。出展ブースのクイズラリーには約1万2千人を超える方々に参加いただきました。

「環境リスクマネジメント研修」の実施社員教育

環境リスクマネジメント研修

社員に対する環境経営活動の基礎知識研修、アサヒグループ環境保全担当者研修参加など、さまざまな環境教育を実施しています。前年に引き続き、2012年も廃棄物リスクマネジメント研修を実施しました。

アサヒグループで「容器包装リサイクル法勉強会」の実施社員教育

容器包装リサイクル法勉強会

アサヒグループ各社と「容器包装リサイクル法勉強会」を実施しています。同法律の理解向上、知識習得ならびに、環境関連法令のリスク対策に努めています。

「CSR・環境活動研修」の実施社員教育

CSR・環境活動研修

アサヒ飲料では、社員へのCSR・環境活動についての理解促進を図ることを目的に研修を実施しています。社会的な状況および他社の取り組み状況、具体的な問題事例などを学びました。また、グループワークでは、各事業場での課題をピックアップし、既存活動の改善策を全員で議論しました。

「暮らしの包装商品展」に出展 啓発活動

生活に身近な容器包装の環境への取り組み、容器包装のユニバーサルデザイン等を紹介する「暮らしの包装商品展2011 in 新宿」(2011年9月18日〜20日)にアサヒグループで出展しました。ベビー用品からアルコール飲料まで、アサヒグループ各社の商品を通じて、幅広いユーザーにPRを行いました。

「アサヒ 森の子塾」に共同参画啓発活動

「アサヒの森」を活用した環境教育イベントです。地元の小学生を対象に、「森と人の関わり」をテーマに自然環境への理解を深めてもらう機会を提供するものです。
クイズや紙芝居などで環境について学び、間伐材を使用した絵馬作りなど遊んで学べるスタイルで森林が私たちの暮らしに欠かせない環境保全の源であることを学んでいます。

「若武者育成塾」の運営に参加啓発活動

若武者育成塾

アサヒビール(株)では2006年に高校生を対象とした環境教育「若武者育成塾」を開講しました。若武者育成塾は、これから社会に巣立つ高校生たちに、環境問題を肌で感じてもらい、その問題解決法を体験学習や企業訪問を通じ学びとり、高校生自らの考えを実践することによって、社会の課題を乗り切る力を身につけてもらおうとするものです。アサヒグループとして当社も運営に参加しています。

  • ページトップへ
環境への取り組み
  • PDFダウンロードページ
  • 4つの“チェンジ”で地球をまもる!?
  • エコティビティシアター
  • アサヒ飲料の育むecoゴコロ
  • PETボトルでの環境負荷低減の歴史
  • 毎日CO2CO2削減オフィス編
  • 毎日CO2CO2削減工場編
  • 楽×学トーク
  • めぐる水を、巡る
  • 私たちの環境への想いを伝える仲間たち
のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.