HISTORY「三ツ矢」の歴史 アサヒの清涼飲料の歴史は「三ツ矢サイダー」から始まります。

1881~

1970~

1990~

2010~

1881 明治14年

イギリス人化学者ウィリアム・ガウランドによる天然鉱泉水の発見が「三ツ矢サイダー」の淵源に。

1884 明治17年

兵庫県多田村(タダムラ)平野から湧き出た炭酸水をびんに詰め「平野水(ヒラノスイ)」として製造。

1897 明治30年

「三ツ矢印平野水」が御料品として採用される。

1899 明治32年

「三ツ矢」印を商標として登録。

1907 明治40年

「三ツ矢」印の「平野シャンペンサイダー」発売。

1909 明治42年

「三ツ矢シャンペンサイダー」発売。(価格:10銭)
「三ツ矢サイダー」という通称で広告などを展開。

1912 大正元年

御料品を納品するため、御料品製造所建築。

1918 大正7年

大阪朝日新聞に「三ツ矢サイダー」と平野水の「中元贈答用」広告が出る。

1921 大正10年

「三ツ矢シャンペンサイダー」に新しいラベルデザインを採用。1933年まで使われる。

1952 昭和27年

「全糖三ツ矢シャンペンサイダー」発売。(価格:37~42円)

1954 昭和29年

1963 昭和38年

当時の「三ツ矢サイダー」のポスターでは、ネイティブアメリカンの子供3人をキャラクターに。(価格:35~40円)

1967 昭和42年

「三ツ矢レモラ」発売。(価格:35~40円)

1968 昭和43年

「三ツ矢サイダー」が透明飲料として発売開始。

「三ツ矢シャンペンサイダー」から現在の「三ツ矢サイダー」となる。子供にも安心して飲ませられる清涼飲料水としてアピール。(価格:40~45円)

1969 昭和44年

「三ツ矢サイダー」の懸賞広告用のラフ画。景品は音階を奏でられる「ドレミファコップ」。
(価格:43円50銭)

参考文献参考文献

Mitsuya Cider HistoryMitsuya Cider History

TOP PAGETOP PAGE

1970年からのヒストリー1970年からのヒストリー