高品質な単一豆使用のボトル缶コーヒー
キリマンジャロ豆100%使用の「ワンダ 極 キリマンジャロ100%」
パッケージを大幅刷新して、5月29日(火)新発売

新商品

2018.05.18

「ワンダ 極 キリマンジャロ100%」(ボトル缶260g ボトル缶370g)

高解像度画像

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、丸福珈琲店監修の「ワンダ 極」ブランドから昨年発売したボトル缶コーヒー「ワンダ 極 キリマンジャロ100%」を中味はそのままに、パッケージを大幅刷新して5月29日(火)より全国で発売します。

 「ワンダ 極 キリマンジャロ100%」は、高品質な豆で知られるキリマンジャロを100%使用し、じっくり時間をかけて深煎りにすることで、素材本来の旨みを極限まで引き出した味わいが特長です。
 ボトル缶コーヒーのユーザーが求める「甘さひかえめ」なブレンドタイプの商品として昨年10月24日(火)に発売し、単一豆ならではの豆本来の味を楽しめる点や品質の高さを支持いただいています。

 今回、支持いただいている中味はそのままに、パッケージを大幅に刷新して発売します。具体的には、従来の透き通った青色のデザインから緑色のデザインとすることで、売場での視認性と商品認知の拡大を図ります。

丸福珈琲店について

 1934年(昭和9年)に創業者 伊吹貞雄氏が大阪の「新世界」に珈琲専門店を開業。「深煎りの極み」と呼ばれる焙煎方法と独自で開発した抽出器具を使用して“濃厚でコク深い味わいだが後味のさっぱりした珈琲”を提供する老舗珈琲店。(2018年3月末時点で、関西・関東を中心に28店舗展開)


商品概要

ワンダ 極 キリマンジャロ100%

ボトル缶370g

商品名 ワンダ 極 キリマンジャロ100% ボトル缶370g
中味 コーヒー
希望小売価格(税別) 148円
発売日 5月29日(火)

ワンダ 極 キリマンジャロ100%

ボトル缶260g

商品名 ワンダ 極 キリマンジャロ100% ボトル缶260g
中味 コーヒー
希望小売価格(税別) 139円
発売日 5月29日(火)

ニュースリリースの配信サービスお申込み