【参考資料】

自動販売機限定企画!「WONDA×ビッグコミック50周年」
北見けんいち、池上遼一、石塚真一、こざき亜衣、
ビッグコミック4誌を代表する4大作家による
完全描き下ろし4コマ漫画が読める!

キャンペーン

2018.03.27

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上克彦)は、自動販売機限定の販促企画として創刊50周年を迎えたビッグコミックとコラボレーションしたキャンペーンを4月3日(火)から7月31日(火)までの期間で実施します。

 今回、キャンペーン告知用のPOPが貼られた自動販売機で購入いただいた「ワンダ モーニングショット」「ワンダ 金の微糖」の2商品を対象に、本キャンペーン専用シールに記載されているシリアルコードをキャンペーンサイト内で入力することで、ビッグコミック系4誌を代表する4大作家が完全描き下ろしのオリジナル4コマWEBマンガを8種類読むことができます。 シリアルコードに付き1種を24時間閲覧可能です。閲覧可能ブラウザは3ブラウザまでとなります。

業界初!ボトル・キャップ・ラベルの全包装資材に植物由来原料を使用
   

詳細はキャンペーンサイト:
http://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/campaign/wonda_180403/をご参照ください。

【北見けんいちプロフィール】

 赤塚不二夫のアシスタントを経て1979年にデビュー。同年ビッグコミックオリジナルにて国民的人気作品となる『釣りバカ日誌』(原作:やまさき十三)の連載を開始。同作は、映画化、アニメ化、ドラマ化と国民的人気作品となる。代表作に『焼けあとの元気くん』『愛しのチイパッパ』(原作:やまさき十三)『まいど!南大阪信用金庫』(原作:平井りゅうじ)他など多数。

【池上遼一プロフィール】

 1961年、貸本漫画「魔剣小太刀」でデビュー。水木しげるのアシスタントを経て、本格的に活動開始。代表作『男組』(原作:雁屋哲)『サンクチュアリ』(原作:史村翔)『クライングフリーマン』(原作:小池一夫)。圧倒的な画力で描かれる人間ドラマは日本だけでなく、海外にもファンが多い。ビッグコミックスペリオールにて『BEGIN』(原作:史村翔)連載中。

【石塚真一プロフィール】

 1971年、茨城県生まれ。22歳から27歳まで米国に留学し、ロッククライミングや気象について学び、帰国後、会社員を経て28歳のときにマンガ家に転身。2003年『岳-みんなの山─』でデビュー。2013年『BLUE GIANT』の連載を開始し、2016年に完結。現在はビッグコミックにて『BLUE GIANT SUPREME』を連載中。

【こざき亜衣プロフィール】

 2007年『さよならジル様』で第51回ちばてつや賞一般部門大賞を受賞しデビュー。2011年より、ビッグコミックスピリッツにて『あさひなぐ』を連載開始。同作は2015年、第60回小学館漫画賞一般向け部門受賞。2017年、乃木坂46メンバーにより舞台化・映画化された。

以上

ニュースリリースの配信サービスお申込み