“糖”“脂肪”に働くトクホの十六茶!
4月25日(火)
「アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)」リニューアル!
「アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)350」新登場!

新商品

2017.04.11

アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)」

高解像度画像

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上克彦 )は、食後の“糖”“脂肪”に働く2つの機能を持つ「アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)」をリニューアルし、ラインアップを増やして4月25日(火)から全国で発売いたします。

 「アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)」は、食物繊維(難消化性デキストリン)※1の働きにより、食後の①糖の吸収をおだやかにする、②血中中性脂肪の上昇をおだやかにする、2つの機能を持つ特定保健用食品です。2014年4月の発売以降、「十六茶」ブランドの二つの健康効果を得られるトクホ商品として、食後の血糖値や中性脂肪が気になる方を中心にご支持頂いています。また2015年9月にはWトクホ茶※2飲料初の「カフェインゼロ」に中味設計を変更。どんな食事にも合うすっきりした味わいとなったことで多くの方にご好評をいただき、2016年は217万箱(前年比115%)と前年を大きく上回る売上となりました。

※1 PET500ml、PET1L、PET2L:250mlあたり5g配合、PET350ml:350mlあたり5g配合

※2 2つの保健用途をもつ無糖茶特定保健用食品

 今回、ご好評いただいている味わいはそのままに、「“糖”“脂肪”に働くトクホの十六茶であること」をさらに分かりやすく訴求するため、トクホマークや「十六茶」のロゴを強調するとともに、すっきりとした味わいがより感じられるデザインにリニューアルいたします。また、女性を中心に支持を伸ばしている350mlPETボトルをラインアップに追加。リニューアル発売時には積極的な広告展開も予定しております。

「十六茶」ブランドについて

 2005年に初めて「カフェインゼロ」を実現し、「健康ブレンド茶」としてこれまで多くのお客様からご愛飲頂き、今年で25年目をむかえます。昨年は、十六茶が持つ健康価値を改めて訴求強化し、7年連続の販売数量増となる2,405万函(前年比108%)となり、ブランド史上最高を更新しました。2017年も、お客様により一層ご愛顧をいただけるよう商品に磨きをかけ、愛され続けるブランドを目指します。


商品概要

「アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)」

PET2L

商品名 アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)PET2L
容器 PETボトル
外装 2L×6本入りダンボールカートン
希望小売価格(消費税別) 470円
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 4月25日(火)
販売地域 全国

PET1L

商品名 アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)PET1L
容器 PETボトル
外装 1L×12本入りダンボールカートン
希望小売価格(消費税別) 300円
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 4月25日(火)
販売地域 全国

PET500ml

商品名 アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)PET500ml
容器 PETボトル
外装 500ml×24本入りダンボールカートン
希望小売価格(消費税別) 160円
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 4月25日(火)
販売地域 全国

PET350ml

商品名 アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)350 PET350ml
容器 PETボトル
外装 350ml×24本入りダンボールカートン
希望小売価格(消費税別) 137円
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 4月25日(火)
販売地域 全国

(LL)紙パックスリム250ml

商品名 アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)(LL)紙パックスリム250ml
容器 スリムLL紙パック
外装 250ml×12本×2入りハーフトレイカートン
希望小売価格(消費税別) 105円
中味 清涼飲料水(十六茶)
発売日 4月25日(火)
販売地域 全国

【許可表示】2L 1L 500ml 250ml:本品は食物繊維(難消化性デキストリン)のはたらきにより、食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方や血中中性脂肪が高めで脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます。(1日の摂取目安量:お食事の際に1日1回250ml)
350ml:本品は食物繊維(難消化性デキストリン)のはたらきにより、食事の脂肪の吸収を抑えて排出を増加させることで、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするので、血中中性脂肪が高めで脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます。また、食事の糖の吸収をおだやかにすることで、血糖値の上昇をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方の食生活の改善に役立ちます。(1日の摂取目安量:お食事の際に1日1回1本)


ニュースリリースの配信サービスお申込み