販売好調な「ワンダ」ブランド、秋冬シーズンに向けて新TVCMを放映
ビートたけしさん、澤部佑さん出演
「ワンダ 極」 新TVCM 「背中で語る」編 /
「ワンダ 特製カフェオレ」新TVCM 「英会話」編 10月4日(火)放映

CM

2016.10.04

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、缶コーヒーの最盛期である秋冬シーズンに向けて「ワンダ 極」の新TVCM「背中で語る」編と「ワンダ 特製カフェオレ」の新TVCM「英会話」編を10月4日(火)から全国で放映します。今年より広告キャラクターとして起用しているビートたけしさん、澤部佑さんに出演頂き、子供や家族の笑顔の為に頑張っている日本全国のお父さんを応援するCMとなっています。

 「背中で語る」編では老舗珈琲店を舞台に、背中で語れる父親像に憧れる部下の澤部佑さんに対し、何かを極めてこそ背中で語れる父親になれると説く部長のビートたけしさんとの掛け合いを通して、「極めること」の大切さを説く内容となっています。

 「英会話」編では澤部一家が遊びにいった牧場を舞台に、ミルクの発音にこだわる長男と、上手に発音出来ない澤部パパのコミカルなやり取りを通して、ミルクへのこだわりを表現する内容となっています。

 「ワンダ」ブランドの本年1-8月累計の販売数量は2,694万箱(前年比107%)と好調に推移しています。アサヒ飲料では缶コーヒーの最盛期である秋冬に向けて、既存商品の強化に加えて働く男性をターゲットとした新商品や広告販促活動を展開することでブランドの勢いを加速させ、年間販売目標4,150万箱(前年比102%)の達成を目指していきます。

参考:「背中で語る」編 画像

参考:「英会話」編 画像

【TVCM概要】

■「背中で語る」編

CMストーリー 老舗の喫茶店のカウンターに座る北野部長役のビートたけしさんと部下役の澤部佑さん。黙々とコーヒーを入れるマスターの背中を見つめながら「あんな風に背中で語れる父親になりたくて」と語る澤部佑さん。「じゃあ、腹くくんねぇとな」と返すビートたけしさんに、「え?」と驚く澤部佑さん。「覚悟を決めて何かを極める。背中に出んのは、その後だ」とコーヒーを極めたマスターを見ながら、北野部長がアドバイスをします。ドリッパーにお湯が注がれながら、商品と“深煎りの極み”というコピーが入った後、マスターが二人に淹れたてのコーヒーを出します。
撮影エピソード ◆背中で語る、セリフなしの演技で圧倒!
北野部長役のビートたけしさんがカウンターに座っているシーンでは、セリフも動きも一切なく、どっしりとした貫禄ある後ろ姿を映します。コーヒーを入れるマスターの背中を見つめるたけしさんの静かな演技に現場のスタッフも圧倒されている様子。父親の覚悟と威厳が、何も語らずとも背中からにじみ出ていました。

◆緊張感あふれる現場を和ませるたけしさん。
北野部長役のビートたけしさんが、部下役の澤部佑さんへ静かに語りかけるシーン。手の置き場所や目線、口元の表情など、監督から細かい指示が入り、現場には本番前独特の緊張感が漂います。そんな時、カメラが回るまでのほんの合間に、突然たけしさんがタップダンスのように革靴の音を響かせながらリズムを取り始めました。現場の空気を和ませるたけしさんの姿が垣間見られました。

◆「え?」のたった一言が難しい!
北野部長役のビートたけしさんからの言葉に、澤部さんが「え?」と驚くシーンで、たった一言ながら何度もリテイクが入ります。何パターンもの「え?」を繰り返し、「まったく予想もしていなかった答えを聞いて思わず出た感じで」という監督からのアドバイスにより、見事OKに。シンプルでありながらも大事なシーンに、澤部さんが全力で演技して応える様子がうかがえました。

■「英会話」編

CMストーリー 牧場に来た、澤部家。子供たちは牛を見て「うわぁー!」とウキウキしています。騒いでいる子供たちを見ながら、「ミルク飲む人~!」とご機嫌に問いかける澤部佑さん。すると、「ちがうよ、Milk」と英語で発音する長男に対して「え?」と驚く澤部佑さん。困惑している澤部佑さんを見て、手を上げて外国人のように「Milk」ともう一度、英語で発音する長男。「ミルク」と、英語の発音を真似してみるがうまく出来ない澤部佑さん。澤部佑さんの発音に対して「ちっち」と指を振り、次男と一緒に「Milk!」と上手に発音する。「こだわるなぁミルク」と英語の発音を真似する澤部佑さん。さらに、澤部佑さんの発音に対して「モォーー!」と後ろからダメ出しする牛。それに対して「うわぁ、あんたも!?」とツッコミむ澤部佑さん。カップに注がれるミルクと商品とともに「ミルクにとことんこだわった、「ワンダ 特製カフェオレ」とナレーションが流れ、澤部さんが商品を飲みます。
撮影エピソード ◆のどかな牧場で、大はしゃぎのロケ現場。
今回の新CMの撮影現場は、長野県のとある牧場で行われました。ミルクにこだわった商品とあって、なんとCMにも牛が登場! 長男、次男、パパとママの家族4人で牧場に遊びに来た澤部ファミリーは、本物の牛を見て、「牛にさわりたい!」「乳搾りをしたい!」と大はしゃぎ! ほかにも、バッタやトンボなどの虫が飛ぶ様子に、子役の2人はさらに大興奮。元気に走り回る子どもたちを優しい笑顔で見つめる澤部佑さんはまるで、家族サービス中のパパのようでした。

◆みんなそっくり! 丸坊主がかわいい澤部ファミリー。
長男、次男、澤部パパの3人は、み〜んな丸坊主。「似てる!」と現場スタッフも口を揃えるほどそっくりな3人は仲も良く、セリフの息もぴったり。休憩時間も、膝の上に次男を乗せてあやしたり、おしゃべりな長男の話し相手になったり……と、パパらしい一面を見せる澤部佑さん。そんな澤部佑さんの人柄もあってか、子どもたちも終始リラックスした様子。ほんとうの家族のような仲睦まじい雰囲気で、撮影は順調に進みました。

◆牛との共演が実現!? 
牛が「モォ~」と鳴き声でツッコむシーンでは、大勢のスタッフに囲まれ、いつもと違う雰囲気に興奮気味の牛がタイミング良く鳴いてくれるのか、監督を始めスタッフ全員ヒヤヒヤ。ところが、カメラを回した途端、絶妙な間合いで「モォーー」と鳴いてくれ、無事OKテイクを獲得! 牛の名演技(?)に、現場スタッフも大喜び。澤部ファミリーと牛との共演が実現し、とても楽しい現場となりました。

ニュースリリースの配信サービスお申込み