会社情報

ニュースリリース 2016年

2016年5月17日

≪ご参考資料≫
常温飲料を提供可能にした自動販売機

アサヒ飲料、常温飲料を提供可能にした自動販売機の展開を開始
4月末で40台を展開し、本年中に300台の設置を目指す

アサヒグループホールディングス 広報部門


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、ホット(約50度)とコールド(約5度)の2つの温度帯に加え、新たに常温(約20度)の飲料を提供できる自動販売機の設置を本年より展開しています。4月より順次開始し、既に4月末時点で40台が設置され、設置のご要望を多く頂いています。アサヒ飲料では、常温の需要が高まる夏に向けてビルやオフィス内を中心に設置を強化し、本年中に300台の設置を目指していきます。

 今回の自動販売機では、『おいしい水』『アサヒ 十六茶』『なだ万監修 旨みの日本茶』といったミネラルウォーターや茶系飲料を常温で提供しています。

 既に設置している自動販売機では、常温飲料の売り上げが全体の約2割を占める設置先もあるなど、常温を求めるお客様が多いことが推測されます。

 また常温飲料は、体の冷えが気になる女性を中心に飲料の飲用が増える夏場に需要が高まる傾向にあり、近年はコンビニエンスストアでも夏場に常温飲料の専用コーナーを設けられるなど、今後夏場に向けて飲用機会の拡大が見込まれます。

  アサヒ飲料では夏に向けて、冷房の効いたビルやオフィス内を中心に常温飲料が提供可能な自動販売機の設置を夏に向けて強化していくことで、自販機台数増と一台当たりの売り上げ増を図ります。

もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.