会社情報

ニュースリリース 2016年

2016年4月26日

アサヒ おいしい水 プラス「プラス登場」編 1
 
アサヒ おいしい水 プラス「プラス登場」編 2
高解像度画像はこちら
 
高解像度画像はこちら
アサヒ おいしい水 プラス「プラス登場」編 3
 
アサヒ おいしい水 プラス「プラス登場」編 4
高解像度画像はこちら
 
高解像度画像はこちら

人はもっと、自然に。健康に。「アサヒ おいしい水」
中村勘九郎さんを起用した新TVCMを放映開始!
アサヒ おいしい水 プラス「プラス登場」編
4月26日(火)よりオンエア


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、4月26日(火)に新発売する天然水ブランド「アサヒ おいしい水」の新広告キャラクターとして、ブランドコンセプトである「自然」「健康」というイメージにぴったりの歌舞伎俳優、中村勘九郎さんを起用します。4月26日(火)からは、「アサヒ おいしい水」ブランドから初の派生商品となる『アサヒ おいしい水 プラス』の新TVCM「プラス登場」編を全国で放映します。

 「アサヒ おいしい水」ブランドのTVCMは、水にこだわりを持つ森の中のフォレストバーが舞台となっています。中村勘九郎さん演じる水を知りつくしたバーのマスターが森の中の「フォレストバー」を訪れる人に、「アサヒ おいしい水」ブランドのこだわりや美味しさの秘密を語ることで、「自然・健康」価値を提供するブランドであることを訴求する内容となっています。

 「プラス登場」編は、中村勘九郎さんがバーを訪れた一人の女性に『アサヒ おいしい水 プラス』の特長である7つの健康素材が入った新しい水であることを語る内容となっていて、商品特長をわかりやすく訴求しています。

 「アサヒ おいしい水」は本年、ミネラルウォーターを飲むなら美味しくて体に良いものを選びたいと考えるお客様のニーズに着目し、「人はもっと、自然に。健康に。」を新ブランドスローガンとして、「自然・健康」価値の両方のニーズを満たすブランドを目指していきます。年間販売目標は2,700万箱(前年比102%)です。

【TVCM概要】

TVCM名

「プラス登場」編

放送開始日

2016年4月26日(火)

出演者

■中村 勘九郎
生年月日: 1981年10月31日 (34歳)
出身地: 東京都

2012年(平成24年)2月新橋演舞場にて六代目中村勘九郎を襲名。
また、歌舞伎の舞台公演にとどまらず、映画、テレビ、写真集など幅広い分野へも挑戦し続けています。

CMストーリー

森の中のフォレストバーには女性客が1名いるシーンからTVCMはスタートします。その女性客にお水を提供するバーのマスター中村勘九郎さん。提供するお水は、天然水に7種の健康素材が入った「新しい水」だと伝えます。女性客は勧められ、ゴクリと一口。すると、驚きのおいしさに思わず「あっ!」と声を出してしまいます。バーのマスターはその反応を見て嬉しそうに、「おいしさもプラスしておきました。」と商品名とかけてダジャレを言うと、女性客は思わず笑ってしまうストーリーとなっています。

撮影エピソード

朝から、夜までの長い撮影にも関わらず、最後まで素晴らしい集中力と演技力を発揮してくださった中村勘九郎さん。歌舞伎で鍛えられているためほとんどNGテイクはなく、予定よりも順調に撮影が進みました。撮影後半になると、アドリブが飛び出すなど、撮影スタッフを笑わせる場面も。カメラアングルを変えるなどの待ち時間では、監督や現場スタッフと雑談され、優しい人柄が滲み出ていました。中村勘九郎さんのおかげもあり、終始和やかな撮影現場でした。
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.