会社情報

ニュースリリース 2016年

2016年4月4日

<炭酸水売上No.1>「ウィルキンソン」新TVCM
DEAN FUJIOKAさん出演
「響く音」編 4月5日(火)放映開始


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上克彦)は、炭酸水ブランド「ウィルキンソン」のCMキャラクターに、新たにDEAN FUJIOKAさんを起用し、新TVCM「響く音」編のオンエアを、2016年4月5日(火)から全国で開始します。

※インテージSRI調べ 炭酸水市場(スパークリングウォーター含む)
 2015年1月〜2015年12月 累計販売金額 集計エリア:全国、CVS/SM/DRUG計

「ウィルキンソン」新TVCM 「響く音」編より

「ウィルキンソン」新TVCM 「響く音」編より

 「ウィルキンソン」ブランドの中心となる『ウィルキンソン タンサン』は、2011年4月からPETボトル商品を展開し、“炭酸水の直接飲用”という新しいスタイルの提案を行い、2015年も炭酸水売上No.1を記録し、独自のポジションを確立しています。
 新TVCM「響く音」編では、新たにDEAN FUJIOKAさんを起用しています。薄暗い倉庫の中で、「光」「風」「水滴の波動」や、DEAN FUJIOKAさんの豪快なアクションや強烈な商品映像によって、『ウィルキンソン タンサン』の飲用価値である「刺激の強さ」を表現しています。

【TVCM概要】

TVCM名

「響く音」編

放送日

4月5日(火)

放送地域

全国

出演者

■DEAN FUJIOKA(ディーン フジオカ)
生年月日: 1980年8月19日 (35歳)
日本、福島県生まれ。高校卒業後アメリカ、シアトルの大学へ留学。
大学卒業後、香港へ渡りモデルとして活躍、映画「八月の物語(2005年)」の主演に抜擢され俳優デビューを果たす。
その後、台湾に拠点を移し、ドラマ、映画、TVCF等に出演するなど中華圏エンターテイメントの新星として旋風を起こす。
その後、北米ドラマ「The Pinkertons」に出演するなど活躍の場を広げ、 日本ではNHK連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役で知名度を上げる。
また、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽制作をインドネシアで行うなど、アジアの縦軸を中心に語学力と多方面の才能を活かしボーダレスに活動中。

CMストーリー

「ウィルキンソン」のボトルを手に、薄暗い倉庫に入って来た男性が、太陽の光の差し込む誰もいない広い倉庫の中を、歩いていきます。太陽の光を受けながら、クールに歩いていた男性は立ち止まり、“プシュッ!”とボトルを開けた瞬間、強烈な炭酸の音が響きわたります。男性は力強く喉を動かし、爽快に「ウィルキンソン」を飲みます。炭酸の刺激の強さに満足げな男性は、地面にはっている水を豪快に蹴り上げます。

楽曲情報

■Lenny Kravitz/Are You Gonna Go My Way(自由への疾走)
アメリカのミュージシャンであるレニー・クラヴィッツの代表曲。米国(Mainstream)ロックチャート最高位1位、米国(Modern)ロックチャート最高位2位、英国UKチャート最高位4位と好セールスを収め、グラミー賞の最優秀ロック・ソング賞と最優秀ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞にノミネートされています。継続して使用することにより、「ウィルキンソン」=「Are You Gonna Go My Way」というイメージを醸成していきます。

撮影エピソード

■監督と役者、プロとプロが納得するシーンが完成  撮影最初のシーンは、重要なDEANさんの登場シーン。歩くDEANさんとカメラの動き、ウィルキンソンのボトルの位置など、なかなかタイミングが合わずに苦戦し、テイクを重ねることになりました。度重なるテイクに監督が「すみません!」と声をかけると、「全然、全然(大丈夫です)!」と笑顔で応えるDEANさん。更に何度かテイクを繰り返し、最後に監督が「カット!」の声と共に満足げな表情でうなずきながらDEANさんに近づくと、DEANさんも「こういうことですね!」と納得の表情。役者と監督、プロとプロが納得のいく画が生まれた瞬間でした。
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.