会社情報

ニュースリリース 2016年

2016年3月31日

『アサヒ 六条麦茶』
高解像度画像はこちら

ダブル焙煎でさらに本格的な味わいに!
伝統工芸士※1「三代秀石 堀口徹」氏監修の
江戸切子デザインボトル採用
『アサヒ 六条麦茶』
4月19日(火)発売


 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、『アサヒ 六条麦茶』を4月19日(火)より全国で発売します。

 「六条麦茶」は1988年に発売され、29年目を迎えるロングセラーブランドです。麦茶の原点である六条大麦だけを使用、香料を一切使わない無添加※2でカフェインゼロの麦茶なので、お子様から素材にこだわる大人まで、幅広い世代のお客様にご支持いただいております。
※2 この商品の無添加とは香料を使用していないことです。

 本年の『アサヒ 六条麦茶』は、「受け継がれた本格」をテーマにリニューアルしました。六条大麦の甘みを引き出す「浅煎り」と香ばしさを引き出す「深煎り」をブレンドする”ダブル焙煎”で仕上げることで、より本格的なおいしさが楽しめます。また、これまでの600mlPETは、こだわりのおいしさをゴクゴクたっぷりお飲みいただけるよう660mlに増量、さらに、PETボトルデザインは、職人の手仕事のこだわりを感じられる「江戸切子」を表現しました。デザインは江戸切子の伝統工芸士のひとりである、三代秀石 堀口徹氏の監修による六条麦茶用オリジナルデザインで、切子の細やかさと美しさを最大限に表現しました。

 2015年の麦茶ドリンクの市場規模は年間5,760万箱程度となり、無糖茶ドリンク全体が伸び悩む中、前年比113%と伸長しました(当社調べ)。近年の水分補給意識の高まりと、そのまま飲める手軽さが支持され、麦茶ドリンク市場は最近5年間で約2倍に成長しています。今後も『アサヒ 六条麦茶』は、渇きを癒すだけではなく長い間愛され続けてきた「信頼」と「安心・安全」とともに、「本格的で豊かな味わい」をお客様に提案してまいります。

※1 伝統工芸士とは
 伝統的工芸品産業振興協会が、経済産業大臣指定の伝統的工芸品の製造に従事されている技術者のなかから、高度の技術・技法を保持する方を「伝統工芸士」として認定している。江戸切子においては、18人が「伝統工芸士」として認定されている。

【商品概要】

商品名

アサヒ 六条麦茶
PET660ml
アサヒ 六条麦茶
PET2.0L

中味

麦茶(清涼飲料水)

容器

PETボトル

入数

660ml×24本入り 2L×6本入り

JANコード

45-14603-32311-5 45-14603-30011-6

希望小売価格

140円(消費税含まず) 330円(消費税含まず)

発売日

4月19日(火) 4月中旬(自然切替)

発売地域

全国

年間販売目標

「六条麦茶」ブランド 540万箱
※『アサヒ 六条麦茶 LL100ml』『アサヒ 六条麦茶LL100ml×3本パック』『アサヒ 六条麦茶 LL250ml』は、6月上旬販売開始予定です。

■「江戸切子」デザインボトルについて
 『アサヒ 六条麦茶』の伝統と本格的な味わいを表現するため、麦茶と江戸切子がいずれもかつて江戸時代に民衆へと広まったという文化的な共通点をもとに、江戸切子における代表的な文様をデザインしたボトルを開発しました。開発には、日本にわずか18人しかいない、江戸切子における伝統工芸士のおひとりである「三代秀石 堀口徹」氏に監修を依頼し、全4種類のデザインを展開致します。江戸切子の繊細さ、複雑さを再現した、業界初のPETボトルです。

「江戸切子」デザインボトルについて
もどる
「ニュースリリース配信サービス」を開始いたしました。
ニュースリリースを発表日にメールでお知らせ致します。
詳しくはこちら

のんだあとはリサイクル
のんだあとはリサイクル

©ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. ALL rights reserved.